つつじが丘校

別名: 
tsutsuji

慣用句スペシャル!

今日の小6国語




国語の最後の授業は漢字や語句の問題でした。





当然80分もかからず、時間を余してしまいました(というか絶対あまる!)





問題に「慣用句」がありましたので、その後は





慣用句穴埋め問題大会!





を実施しました^^





知っている慣用句もあれば、知らないものもありましたね。





これで1つでも多く慣用句を覚えてもらいたいですね^^v

中学生!小学生を見ろ!

今、朝1番の授業が終わりました。




2番目の授業が行われていますが、





自習室は朝から勉強している小学生が引き続き勉強してくれています。^^





おしゃべりするときもありますが、よく集中してくれています。





そして何より、隣どおしで座らず、1つ空けて勉強していることがすばらしい!!





僕は「空けて座れ」と小学生には言っていません。中学生には言いましたけどね。





ところが、守れているのは小学生・・・





もちろん、中学生も空けて座っている子もいますけどね^^


さすが関数!

今日の中2数学




Aクラスでは2次関数の基本的事項は終わったので、利用に入っています。





今日は2直線の交点や面積の求め方などをレクチャー^^





交点や面積は定番中の定番ですよね





これからは面積2等分も出てきますね~





さすが関数!!






最後の最後で子どもたちを苦しめるではないか!






この難敵の関数に





つつじっ子も負けたらあかんで!!!!


計算も終盤へ

今日の中1数学




Bクラスは方程式の計算の続きでした。





少数を含む計算は今日で完全に終了し、分数に入っていきました。





普通の分数の計算とは違って、方程式では分母を消すことから始めなくてはなりませんね。





分母を消す⇒最小公倍数を求める




最小公倍数?何それ??⇒分数の方程式壊滅





こんなことにはならなでくださいね^^;





いずれにしても、計算問題も終盤に入ってきました。





この後は利用が待っています。





計算あっての利用なので、がんばってくださいよ~^^

もう時間がないねんで!

今日の中3数学




Aクラスは一通りの単元は終了しましたので、総合問題に手をつけていきました。





簡単な問題から入試によく出る空間図形の問題まで幅広く出題されていました。





わからないところはすぐに解決すること!





もうすぐ夏が終わります。





この休暇でどれだけ成長できたかがわかります。





逆に




どれだけサボってきたかもすぐにわかります。





もう時間がありません。





1分1秒無駄にするな!



解法を身につけよう!

今日の小6算数



今日も文章題の特訓でした。




①平均の問題




②単位量の問題




③割合の問題




と悲鳴が聞こえてくるような問題ばかり・・・




今日は一つずつの解法をボードにまとめました。




あとはそれを真似て実践してもらえればいいと思います。




先生たちの真似をすることはいいことなんで^^

中2英語:見直しの練習

中2英語Aクラス

中2英語は授業からちょっと離れて宿題の話。

自分のクラスでは、今までやった問題をもう一度解いて、自分で丸付けまでして提出という宿題をよく出しています。

そうするといろんなことが見えてきます。

たとえば、

「つづりが間違っているのに丸がついてる」

「文の頭なのに小文字になっているが、丸になっている」

「もはや答えが間違っているのに、丸がついている」


まだまだ丸つけビギナーですね。

中1英語:複数形のつくりかた

中1英語Bクラス

中1英語は複数形の勉強。

数えられる名詞が2つ以上あるときは「s」か「es」をつけるんですよね。

しかも、つけ方のルールが非常にややこしい!

特に語尾が「y」のとき、さらに1つさかのぼって「a,i,u,e,o」か「それ以外」かでルールが違うとか!

しかし、こんなところで苦戦していては今後がとっても大変なことに!!

練習問題を多くこなして、自分のなかでルールを定着させましょう。

中3英語:日本語が近道

中3英語Aクラス

本日は、不定詞の単元を完成させました。

不定詞には「名詞的用法」「副詞的用法」「形容詞的用法」という3パターンに分かれてごっちゃになりやすい!

不定詞攻略の近道はズバリ日本語訳にあります。

名詞的用法:「~すること」

副詞的用法:「~するために」「~して(+感情を表す形容詞)」

形容詞的用法:「~するための、~すべき」


これさえ抑えれば、意外と恐いものではありません!

苦手な人はとりあえずココを入り口にしてみましょう。

未来の文


平凡なタイトルですみません・・・・・





今日の中2英語




Bクラスは未来の文に入っていきました。




この単元はそんなに難しいところではありません。




1年生で学習したcanとほぼ同じ使い方になりますね^^




だからcanをマスターしている子は自然とwillもマスターできるでしょう^^




次回は不定詞に入っていきますよ!

ページ

Subscribe to RSS - つつじが丘校