名張本校

別名: 
honkou

分数のかけ算に入りました ~小6算数~

小6算数の授業では、今日から分数のかけ算に入りました。

全解法パターンを紹介した後は、演習タイム。


飲み込みの早い生徒が多いクラスなので、あっという間に完全マスターしてしまう子も。

見ていて気持ちが良かったです。


宿題でテキスト5ページ分出してあります。

これらにしっかり取り組んで、来週には「分数のかけ算」のプロになってきてください。

近々、サ○イ○ルテ○トがあるので...

基本を大切に。

今日の中2数学Bクラスは
文字式の利用をじっくりやっていきました。
偶数の表し方は?奇数は?連続する3つの整数は...?
問題を解いていくうちに少しでも理解していってくれたようですsmiley
次回もやるので、復習は忘れずに!
今日間違えたことはまた繰り返さないようにしましょう。

中1数学Bクラスは今日も計算づくしでしたblush
計算・符号ミスもだいぶ少なくなってきたようですね!
「あ、小学校でやった!」と言っていたように、

GW特別補講 ~セレクション編~

今日は、中1・中2セレクションコース生対象の「GW特別補講」がありました。

中1生は100%、中2生は70%の出席率。

GW期間中でもホント熱心に通塾してくれます。


今日の授業は、こういうときだからこその「サバテス」。

中1生は5枚、中2生は4枚のプリントにアタックしてもらいました。

結果は、全員完走...とまではいきませんでしたが、こちらの予想を上回る出来でした。

よく頑張ってくれましたね。


今日の頑張りは、必ず中間テストで「結果」となって現れます。

そう信じて、今日やった問題の復習をしっかりやっておきましょう!

セレクションも頑張っています

今日は12:30~16:50まで、中1&2生を対象としたGW補習が行われました。

中1生の英語は、今までに学習した内容の英作文練習

穴埋めや並べ替えなら出来ても、英作文となるとやはり色んな間違いがポツポツと…

一方2年生の英語は、6月に行われる英検に向けて過去問演習を行いました。

一方的に受けなさい!と言っても、「自分達にはどのくらいの力があるのか、受けて合格する可能性はあるのか」が分からなければ、なかなか受ける気にもならないでしょう。

そこで一度類似問題を使って演習をしてみました。

点数を見ていると、ほぼどの子も合格ラインに達しています。

補習が終わったあとに、受験を前向きに考えてくれて、申し込み用紙を持って帰った子も。

世の中はGW一色ですが、子どもたちは今日も頑張ってくれました♪

5月・6月予定表

5月、6月の予定表を掲載いたします。

世間は連休でも

今日は3連休の最終日

でも中2と中3のBクラスは関係ありませんdevil

まずは英語の基礎を1学期中に徹底していきながら、中間時にはその対策も

というカリキュラムで考えています

あとは毎週毎週の単語熟語サバテスもありますから

今日の単語熟語サバテスは、中2も中3も先週とは打って変わって、みんな高得点

よく頑張って来てくれたと思いますyes

イソクラテスの修辞学


西洋医学の父、ヒポクラテスが登場したので、
それでは、私は「イソクラテスの修辞学」をお話しましょう。
西洋哲学史の講義などを思い出しながら。
 
修辞学(しゅうじがく)というと、何やら難しい学問のようですが、
実はみなさん、詩のところでふれています。
比喩、体言止め、倒置法、反復法、対句法など、授業で学習しましたよね。
これら表現技法のことを修辞(レトリック)といい、修辞に関する学問が修辞学です。
 
世界史を勉強していれば知っているでしょうが、
古代ギリシアのポリスでは民主政治がおこなわれていました。
民主政治のもとでは、聴衆の前で自分をいかに魅力的にアピールできるかとか、
また、説得的に表現することができるかとか、
そういうことが大切になってくるのですね。
そうすると、弁論術、説得術として活用できる修辞学の必要性が
非常に高まってくるわけです。
 
そういう当時の状況下で、
イソクラテスは修辞学の学校を設立し、生徒たちに修辞学を教えました。

中2・3年英語

次回の本校中2・3年英語Aクラスは、5月7日です!

もう5月に入ると、すぐに、中間テストがやってきます。

そのために授業内で対策を行っていきます。

中2はbe動詞の過去形と過去進行形がポイントになり、

中3は受け身がまずポイントになります。

文法も大事ですが、教科書もNEW HORIZONに変わったので、単語も本文も感じが変わっているでしょう。

ということで、次回のAクラス生には、教科書単語テストをしようと思います。

前回の授業で、『今から単語を覚えていくように!』と話しましたが

みんな覚えてくれているでしょうか。

宿題も計画的に、また単語勉強もコツコツとした連休を過ごしてくださいね!!

春期講習受講者の圧勝

今日の中3数学Bの授業では、因数分解の基本チェックを行ないました。

春期講習を受講していて因数分解は二度目の子、春期講習後に入学してきて因数分解は初めての子など様々な理解度の子が同居しているクラスなので、1つずつ丁寧にチェック。

すると、やはり春期講習受講組は見ていて安心できるほど、スラスラと解き進めてくれましたね。


みんなが春休みを満喫しているときに頑張ったことがこのような形で現れ、『受講していて良かったぁ!』と思った様子。


今後も中3生の講座,講習は立て続けにあります。

1つ1つの講座,講習でライバルたちにつけられる「差」は、『追いつかれることの無い差』になります。

すべての講座に参加し、志望校合格までの差を一気に縮めましょう!!!

ピポクラテスの月形

今日の小6算数の授業では、円の面積の総まとめをしました。

それもやや高度な考え方をする問題で...


ここの部分を半分ずつに分けて、それらをこの部分に埋めると、こんなに簡単に求められる

こんな問題ですね。


その中に、「半円+半円+直角三角形-半円」で求められる問題もあったのですが、これは『ピポクラテスの月形』という有名な問題で、結局は直角三角形の面積になるっていうものです。

その問題になったとき、「これは5秒で答えが出るぞ!」って言ったら、子供たちの目の色が変わりました。

まともに計算する場合のやり方も一緒に紹介しましたが、明らかに『知ってたらお得』だと言える違いに生徒たちは大興奮。


早速、家に帰っておうちの人に自慢している生徒もいたようです。


今後も、今回のようなサプライズ解答を紹介していきます。

今後の算数の授業、乞うご期待!

ページ

Subscribe to RSS - 名張本校