特進科

別名: 
tokushin

過去問演習で期末テストに備える

今週の中3セレクション数学Aクラスでは、少しだけ三平方の定理を進め、その後は期末テスト対策に切り替えました。

今回の期末テストの重要テーマは相似。

相似は入試でも最重要単元の1つですので、今回のテストで高得点を取ることは入試でも好影響を与えると言っていいでしょう。


しっかり過去問研究もしたので、見つかった弱点を強化して本番を迎えましょう!!!
 

日本の地理 No.65 ~ 伊勢湾① 中部国際空港・名古屋港 ~


特進小5生が学習する地理の単元に、交通・運輸、貿易があります。
文字情報だけでは記憶に残りにくいので、下の写真を見て、記憶を強化しましょう。



中部国際空港・セントレア大橋(愛知県常滑市)





220枚の山登り

小6特進算数レベルアップ特訓では、毎週220枚の入試プリントに挑戦中!

今週も黙々と自分の課題に取り組み、一歩一歩先へと進めていました。


4月からやってきたレベルアップ特訓も残り4回。

1枚でも多く進め、受験に備えよう!!!
 

平行四辺形の証明へ

今週の中2特進数学の授業では、平行四辺形の証明をしました。

平行四辺形になるための条件のどれかを揃えていくわけですが、平行四辺形の証明の特長としては、いくつもの証明パターンがあるということ。

「2組の対辺がそれぞれ等しい」でも証明できるし、「対角線がそれぞれの中点で交わる」でも証明できる、そして「1組の対辺が平行でその長さが等しい」でも証明できちゃうという、同じ問題でもいくつもの証明が考えられるんです。
そういう事例を示しながら解説をしていきました。

来週は期末テスト前日だという生徒が多いですが、少しだけ先へと進めます。特進科だから...
 

作図猛特訓

今週の中1特進数学の授業では、作図の猛特訓をしました。

垂直二等分線、角の二等分線、垂線(2パターン)の基本の作図を確認し、その後は「外接円」や「内接円」、「割れたお皿の復元(外接円の応用)」などにチャレンジしました。

作図は公立高校入試で必出なので、今のうちから入試レベルの問題にも果敢にチャレンジしていってもらっています。

来週は期末テスト直前なので、作図も少しセーブします。勘が鈍らないよう、毎日少しずつでいいので練習を継続しよう!!!
 

浜学園公開学力テスト(当日)

こんにちは。
朝晩の冷え込み、そして日中のあたたかさ(少々暑いけど)・・・いよいよ秋が深まってきたように思います。なんとなく空気も乾燥してきました。

円の移動

今週の小5特進算数Bの授業では、円の移動をやりました。

三角形の辺上を円が転がって1周するとき、中心が通った部分の長さや円が通った部分の面積は?

というような問題ですね。


三角形の辺上を転がるだけの問題は数問の演習でマスターできたようですが、長方形の内部を転がる問題や、複合図形の辺上を転がる問題などはまだまだ細かい動きについていけない様子。

この日の宿題は2時間以上かかると思います。じっくり時間をかけて理解に努めてこよう!!!
 

面積へ

今日の小4特進算数Aクラスでは、「長方形・正方形の面積と単位の変換」をやりました。

長方形や正方形の面積は何の問題もなくマスターしてくれましたが、単位の変換に関しては0の数に四苦八苦していましたね。

まずは基本の変換(1平方メートルは何平方センチメートルなのか等)を覚えることからなので、1週間かけていっぱい練習してきてもらうことにしました。


1週間後を楽しみにしていますね。
 

県立高校入試レベル完成講座(第4回&第5回)

今週の中3特進数学Aクラスでは、県立高校入試の対策中。

今日はその第4回&第5回。

序盤の計算問題や方程式の分野はミスをしなくなりましたが、関数・図形ではまだまだ弱点があるようで、完答できる子は少数です。特に最終の第5回ということで、気づきにくい補助線など、生徒たちを苦しめる手法が随所に見られました。


でもこういう経験を積まないと成長できないわけですから、復習時に「こういう場面ではこういうところに補助線を引く」ということを脳に刷り込んでおきましょう!!!
 

総合実戦テスト

今週の中3特進学習会では16回完成の総合実戦テストを実施中!

今日は5回目&6回目です。


この2回は中3で習った関数や図形の総復習ということで、今度の期末テストにも一部被っています。

ということで、期末テストに向けた弱点の発見もかねてやってもらいました。


次回(第7回)からは応用編です。

間違えた問題は次の応用編スタートに向けて、しっかり復習しておいてもらいたいと思います。
 

ページ

Subscribe to RSS - 特進科