特進科

別名: 
tokushin

220枚の山登り

小6特進算数レベルアップ特訓では、毎週220枚の入試プリントに挑戦中!

今週も黙々と自分の課題に取り組み、一歩一歩先へと進めていました。

今日も前半110枚をコンプリートした子が出現!

進めれば進めるだけ実力がつくので、来週からもどんどん進めていこう!!!
 

統一OPEN模試に向けて

今週の中2特進数学の授業では、今週末に行われる第4回統一OPEN模試に向けて、過去問演習をしました。

2年分を用意してやってもらったのですが、いきなり100点満点を叩き出す子も...

仕上がりが良いですねえ。


本番でも100点満点や90点台が続出しそうなので、本番を楽しみにしていますね。
 

関数の総まとめ

今週の中1特進数学の授業では、関数の総まとめをしました。

基本的なところはマスターできているようですが、ちょっとひねった問題(応用問題・発展問題)については、まだまだ経験を積む必要があるようですね。

来週も総まとめの続きをやっていくので、まずはこの日にやった問題の完全習得に努めましょう!!!
 

秋の遠足へ行ってきました♪

先日秋の遠足が実施されました♪

10月らしい秋晴れで天候にも恵まれ、1日楽しい時間が過ごせましたね^^

僕のブログでは遠足の様子をご紹介しますねsmiley


現地には11時ごろ到着し、まずは海遊館周辺・天保山の散策を行いました。
色々なスポットで先生がスタンバイしており、子どもたちはヒントを元に先生たちを探しにいきます。
組まれた班は各校舎バラバラでしたが、みんな仲良く先生を探しにきてくれていましたね^^

魚心あれば海心


昨日の特進小6受験生たちは、集中力も高まり、SASは受験勉強モード全開!!

おもいっきり集中した後は、しばし質の高い休息で、リラックスしましょう。

できる受験生にお勧めできないこと、

それは質の低い勉強をだらだらと長時間し、睡眠時間を大幅に削り、疲労とストレスを蓄積していくこと。

そういうことを続けていると、

集中力低下のループ・悪循環にはまり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、

やがては心身崩壊のプロセスにつながりかねません。


ところで昨日は、海遊館への遠足もあったということで、魚にちなみ、

魚心あれば水心、それを捩(もじ)って、

魚心あれば海心


ことわざ本来の意味も無視し、強引なつなげ方ですが、

集中して勉強した後は、下の美しい海の景色でも見て、リラクゼーションを。



秋のわくわく遠足!!

今日は、秋のわくわく遠足が行われました。場所は大阪の海遊館です。普段みることのできない魚を見れて、子どもたちもすごく喜んでくれていました。
今日の話はぜひともお家の人に話してあげてくださいね。今日の経験はみんなにとって忘れることはないと思います。
今日は僕自身もすごく楽しかったです。本当にありがとうございました!!今日はゆっくり休んでくださいね。

秋の遠足

今日は昇英塾のイベントの1つ、小学生対象の遠足の日でした。
ここ数年は赤目四十八滝へ行っていたのですが、今年は趣向を変えて、大阪の「海遊館」へ。

バスの中では「お魚クイズ」、現地では、「先生をさがせ!」ゲームなど、色々なイベントを開催しました。
もちろんその後は海遊館内の見学に。
めったに見られない深海の魚たちをはじめ、アシカ、アザラシ、ジンベイザメ、ペンギン、ウミガメなど、多くの海の生き物に興味津々といった様子で見学している姿が印象的でした。


見学コースの最後にはエイやサメを触れるコーナーもあり、「サメってあんなにざらざらしてるんや!」といった新鮮な驚きもあったようです。

うずまき線(鎖でつながれた犬の動ける範囲)

今週の小5特進算数Bの授業では、円に関する問題に入りました。
今までやってきた円やおうぎ形の周の長さや面積などに関する基本事項を使った応用問題ですね。

今日やったのは

・正三角形に糸を巻きつけ、それをピンと張りながら逆回転方向にほどいていったときの糸の先端が通る部分の長さを求める

・犬小屋に犬が鎖で繋がれているとき、動き回れる範囲の面積を求める

というような問題です。


いずれも、円周の長さや円の面積、おうぎ形の弧の長さや面積がきちんと求められれば、そう難しくない問題ということで、ここまでの理解度が試される問題でしたが結果はというと...

大変よくできていました!


来週からもこの調子で応用問題をどんどん進めていこう!!!
 

過不足算&周期算の猛特訓

今週の小4特進算数Aクラスでは、「過不足算」をやりました。

鉛筆を何人かの子どもたちに分けるのに、1人に3本ずつ分けると23本あまり、1人に6本ずつ分けようとすると7本不足します。鉛筆は何本あったのか求めなさい。
こういう「あまり」や「不足」に関する問題ですね。

この基本形以外に「あまり・あまり」や「不足・不足」もありますが、いずれも線分図や面積図がきちんとかけて、それを見ながら式が作れれば何の問題もなし!

そのあたりの出来を見てみると、みんな大丈夫な様子。


ということで、最後に少し周期算もやりました。

しっかり復習しておいてね。
 

ページ

Subscribe to RSS - 特進科