講師研修記

別名: 
training

夏の総会

7月7日(土)
平成30年度の夏の総会が名張市夏見の勤労福祉会館で行われました。

塾長からは、
今年度の目標である「常に笑顔を絶やさず もう一言の励ましを」についてのお話がありました。


そして、その後各部長より現状の報告、後半は校舎担当に分かれた夏期講習のテーマの確認を行いました。

<各部門での話し合い>
 


<マナビスでの話し合い>

歓迎会

6月29日(金)
名張市瀬古口の居酒屋「稔人(なると)」で福田先生の歓迎会が特進科と本校の先生方を中心に行われました。
授業終了後の夕食会ですのでお腹もペコペコ。「半端ない」食欲だったようです。


元気をつけて暑い夏を乗り切ろう♪
 

教務専任の研修

 5月28日(月)
つつじが丘校で福田先生の教務専任としてのセレクションが行われました。



1か月余にわたる研修を繰り返していても、さすがに模擬授業の時に緊張の色は隠せませんでした。


しかしながら・・・一発で合格!!

研修官の福井教務部副部長も一安心。
なお、継続研修官として3か月の間、特進科・本校担当の常住先生が福田先生を指導することになりました。


 

ランチ会(5月)

5月31日(木)
この日は昇英塾の職員の前期の年間休校日です。
昇英塾にはお盆5日間、お正月4日間の他に前期、後期の各3日間の連続した休校日があります。慌ただしい毎日の業務に流されることなく、職員全員がリフレッシュする休暇が用意されています。

 なお、当日は普段お世話になっている事務局員を招待したランチ会が、幅特進科副部長の呼びかけで「焼肉 奥田」で開かれました。


ちなみに、幅先生の家族も特別参加してくれました。


マナビス部門「勉強会」

5月6日(日)
 マナビス部門において今年度採用された新人スタッフに7名に対して「新人AA 研修」が行われました。
 

AAとはアシスタント・アドバイザーのことで予備校生にとっては最も身近な存在です。


当日はAAとしてあるべき姿や業務内容の確認、またアドバイスタイム(質問受付等)における生徒との接し方については、実際に生徒役と先生役に分かれた、いわゆるロールプレーイングが行われました。

5月の勉強会

5月2日(水)
 新人講師を中心とした初期研修が行われました。座長は塾長です。

昇英塾の講師として必要とされるルールやマナーを遵守するのは当然のことながら、個人情報の管理や取り扱いについては最大限の注意を払うようにとの指導がありました。

また、セクハラ・パワハラなどのハラスメントが話題として取り上げられたのは今年度が最初でしたが、今後も具体的な事例を示しながら指導が継続される予定となっています。

 
 

幹部研修会

 4月23日(月)
 つつじが丘校において平成30年度の幹部研修会が行われました。
今回のテーマは「新人の育成」で、百五経済研究所より教本の提供を受けて行われました。


人材は企業にとって宝であり、私たちのような職種では常に意識しなければならないことです。
人材教育は塾生指導に通じることも多く、当日の研修会は予定時間を超えての終了となりました。

2018年度 第1回総会

 3月18日(日)

名張市勤労福祉会館において、平成30年度の第一回目の総会が行われました。

塾長からは今年度も実績にこだわった指導について、また人材教育の大切さについてのお話があり、砂取、野坂、嶋野の3部長からは今年度の具体的な目標が示され職員一同の意識改革が強く求められました。

合同ランチ会

2月28日(水)
桐ヶ丘校長の藤井先生の呼びかけで桔梗が丘校との合同のランチ会が名張市のベェルージュ行われました。


春期講習、新年度の時間割の確認や新入学生の対応の注意点などが確認されました。

今回はランチ会ということもあり非常勤講師が4名、そのうち新戦力の2名の参加があり、長時間の注意事項の伝達が直接できたことは、藤井座長、秋山校長にとって大きな収穫だったようです。


勉強会(2月)

 2月23日(金)

岡部小学生(STEP)担当長が座長となり、新年度に向けた小学生の指導についての勉強会が行われました。

中学入試を希望する塾生が年々増加している現状が示され、小学校3年生までに学習の習慣と基礎学力の定着が大切であると強調されました。
また、STEP生の家庭に対しては、学習の進度に限らず教室での様子を含めた細やかな連絡が必須であることも指導され、その後に教室長に担当講師を加えた質疑応答となりました。

ページ

Subscribe to RSS - 講師研修記