講師研修記

別名: 
training

塾の遠足♪

5月28日(日)

 小学生を対象として、塾生・保護者が約50名、引率講師が塾長以下15名で名張の観光地「赤目四十八滝」でのハイキングを楽しみました。マイナスイオンたっぷりの自然豊かな場所です。
4年生以下の学年は百畳岩まで、5年生以上の学年は荷担滝(にないたき)まで。

 ハイキングコースとはいえども、なかなかハードな道のりでした。急な斜面があったりして、大変な道もありました。でも、涼やかな滝の音を聴き、子供たちは談笑を楽しみながら歩き、先生たちはがんばって歩いていたようです。

5月度の講師勉強会

5月26日(金)
5月度の講師勉強会が幅特進管理副部長を座長として開催されました。

今月のテーマは今年度より刷新された「OPEN 模試」の活用です。出題された問題について「WEBサイト」上での動画の解答・解説の利用、「リ・テスト(再テスト)」の実施方法、また新しくなった帳票(個人成績表)の分析についてなどが説明されました。

 なお、領域別の学習診断は今年度より、前に比べて個人成績表に細かく示されます。苦手分野の克服に期待されることから、「OPEN 模試」の領域別学習診断結果を用いた教室での運用の法の説明が全講師を対象として、来月の講師勉強会で改めて行われる予定になっています。

薫風茶会

5月16日につつじが丘校のお茶室で「五月度 薫風茶会」が行われました。



塾生や保護者を対象に行われるお茶会ですが、今月はお点前の基本を学ぶためということで多くの講師が参加しましたが、本当のところは用意された「菖蒲」のお茶菓子が目当てだったかもしれませんね(笑)。

5月度 塾長面談

5月15日から19日まで5月度の塾長面談会が行われました。

 塾長面談会は全専任講師が出席して毎月テーマを決めて適時な活動を確認する目的で行われます。
今月は中学生に対しては中間テスト直前ということもあり、全校舎において補習、早朝勉強会などの対策授業の強化が申し合わされました。

また、高校生に対しては定期テスト対策として、マナビス全校舎において自習室の開放や質問会を常時に行い、部活動との両立を徹底させることが確認されました。



講師の勉強会

4月28日の金曜日に今年度の第一回の講師勉強会が、つつじが丘校において塾長を座長として行われました。


今年最初の勉強会ということで、「告知を知ろう」とテーマとして、昇英塾がどのような内容の広告を行っているのかを確認しました。
「広告」は「約束事(契約の予告)であり、昇英塾がどのような内容を地域に発信しているか、約束事の実行者である職員が知ることは当然のことながら大切なことです。また、HPで示された昇英塾の指導・運営の理念は、職員の行動の原点として、特に留意するように指導が行われました。

ミーティング

4月27日(木)の続きです。
研修報告については、まず4月に入社した新入社員の、4月に東京で開催された約1週間の新人研修の報告を行いました。
その後、4月に校舎長となった新任校舎長から、4月に大阪でそれぞれが研修で学んだことや感じたことを他のスタッフと共有することで、各校舎更なる成長ができるよう、適宜こういった研修報告会を行っています。

ランチ・ミーティング

4月27日の木曜日、「河合塾マナビス」部門のランチミーティングがありました。

各校舎のスタッフが集まり、一緒にランチを食べながら、各校舎の現状報告や研修報告を行いました。
 現状報告については、毎週名張校でミーティングを行い、それぞれの校舎の課題や今後の業務などについて全スタッフで確認しています。


今回はランチ付きということもあり、活気のあるミーティングとなりました。

つつじが丘校「卯月 茶会」✿

4月11日つつじが丘校において「卯月 茶会」が開かれました。
塾生、保護者を対象に行われているお茶会ですが、当日、つつじが丘校で授業のあった講師もお相伴しました。

普段、正座に慣れていない為か、5分ほどのお点前に足がしびれて大変だったようです。

全講師による塾長面談会!

4月10日から14日まで全講師による塾長面談が行われました。
これは、校舎別に教室長と校舎帰属講師が毎月塾長と直接面談をして、校舎の希望、また問題点などを話し合う場です。

今月は新年度スタートということで、塾長からは校舎管理、塾生の指導の徹底が申し渡されました。

恒例のお花見❀

4月9日恒例のお花見が行われました。

昇英塾では毎年、名張市の桜祭りの時期に合わせて塾長主催の花見が行われます。

ページ

Subscribe to RSS - 講師研修記