名張本校ブログ

◆ゆるキャラ列伝 六之巻 「うなりくん」 【現代社会】 特講②



「うなりくん」のオフィシャルサイトには、

プロフィールや活動の数々、

千葉県成田市の観光情報がたくさん集まっています。

以下は、オフィシャルサイトより。







【出典】

サイト:http://unarikun.jp/profile.html

(成田市観光プロモーション課)

 
カテゴリー: 

◆ゆるキャラ列伝 六之巻 「うなりくん」 【現代社会】 特講①



五之巻までは、私たちが住む三重県のゆるキャラを取り上げてきました。

今回は、三重県以外の地域から「うなりくん」をご紹介します。

「うなりくん」は千葉県の成田市のPRキャラクターです。

成田名物のうなぎと、

成田空港を行き交う飛行機を基調としたデザインが特徴です。

合言葉は「うな。」だそうです。


ウナギにジェットエンジン背負わせるのかー・・・・

というのが僕の第一印象でした。

ただ、個人的に結構気に入っているゆるキャラです。





【出典】

サイト:http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00000031

所属:成田市


体は成田名物うなぎと成田空港を舞う飛行機。

名前もうなぎと成田でうなりくん。


成田市特別観光大使として、

合言葉「うな。」の一言とともに大好きな成田を熱烈PR。

今年こそ目指せ№1!みなさまぜひ応援を!うな。




 
カテゴリー: 

◆ゆるキャラ列伝 五之巻 「きーほくん」 【現代社会】 特講



今回は紀北町のゆるキャラ「きーほくん」のご紹介です。

紀北町は魚のマンボウで有名です。

マンボウをベースに可愛らしい顔が描かれたデザインです。

目がキラキラで可愛いですね。

魚をモデルにしているのは、

県内では南伊勢町の「たいみー」が鯛を基調としているのに対し、

こちら「きーほくん」はマンボウです。






【参照サイト】

http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00000069


所属:紀北町

三重県紀北町”マンボウの町”に住んでいるきーほくんです。

頭の上にいるのはマンボウのともだち”マンボ~ヤ”。

ピンクの唇にさわるといいことがあるってウワサなんだけど、、、(;´∀`)、、

いいことがあったよ~というひとは、ボクに連絡してください★

こちらまで→info@kihoku-kanko.com

 
カテゴリー: 

◆ゆるキャラ列伝 四之巻 「こにゅうどうくん」 【現代社会】 特講



今回は四日市市のマスコットキャラクターの「こにゅうどうくん」のご紹介です。

四日市市の諏訪神社の祭礼では、

2.2メートルの山車の上に身の丈3.9メートルの大入道が乗って登場します。

この大入道は、伸縮し前へ曲がる首の長さは2.2メートルあり、

舌を出したり目玉が変わる巨大なからくり人形です。

これを模して首の伸縮する大入道の紙人形も地元の土産品となっています。

垂れ出た舌に可愛げがありますね。





【参照サイト】

http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00000390


所属:四日市市

四日市市のマスコットキャラクターで、

いたずら好きな妖怪の男の子です。


お父さんは日本一大きいカラクリ人形「大入道」。


伸ばしたいお願い事をしながら、

ボクの伸びる舌に触ると、願いが叶うって言われているよん!



 
カテゴリー: 

◆ゆるキャラ列伝 三之巻 「ごーたん」 【現代社会】 特講


今回は三重県桑名市の多度グリーンファームの、

真っ赤な男の子「ごーたん」をご紹介します。

多度グリーンファームのいちごをモデルにしているみたいですね。

このスタイルでサッカーをたしなんでいるみたいです。

ボールをけるには、足短い気がしますが・・・・





【参照サイト】

http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00002476

所属:多度グリーンファーム

いちごの妖精ごーたんです。

1月5日生まれの永遠の5歳の男の子

ちょっぴり恥ずかしがり屋でいたずら好き

ちびっ子や女の子が大好きです

みんなを笑顔にすることがお仕事

サッカーが大好きです

背番号は15で補欠です(笑)

多度グリーンファームの営業部長です。



 
カテゴリー: 

◆ゆるキャラ列伝 二之巻 「たいみー」 【現代社会】 特講


あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いを申し上げます。


さて、今回は「たいみー」のご紹介です。

しばらくは、私たちが暮らす地域中心に取り上げて、

三重県のゆるキャラをご紹介していきます。




前回取り上げた名張市の「ひやわん」とは違う路線のキャラですね。

ゆるキャラ特有のゆるさとかわいらしさのあるデザインですね。

また、地域的な特色をたくさん取り入れていますが、

かわいくまとまっていますね。


【参照サイト】

http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00001038

所属:南伊勢町

顔はみかん、

からだは鯛、

おなかはハート(恋人の聖地認定・ハートの入り江)、

ポシェットは桜でできた『たいみー』は

南伊勢町の自慢のものをモチーフにしてるんだみ~☆

たくさんの人に南伊勢町を知ってもらいたいみ~!




 
カテゴリー: 

◆ゆるキャラ列伝 一之巻 「ひやわん」 【現代社会】 特講


さきほどは、授業の時間が来ましたので、

ブログの途中で、書くのを止めていました。

改めて、今回のゆるキャラ列伝一之巻は、ひやわんを取り上げます。

ご当地・三重県名張市代表のゆるキャラです。

名張にお住まいの方なら、多くの方が知っていると思うのですが・・・

ちょっとビジュアルがね・・・まあ、独特なんですね。





【プロフィール】

名張には、小さな路地がたくさんあります。

かつて、藤堂家の邸宅を中心に「陣屋町」として栄えていた名残で、

「旧町」と呼ばれる地域では、それが特に多いです。

その路地のことを、方言で「ひやわい」といいます。

また、名張は能楽の大成者・観阿弥の出身地です。

それらにちなんで、名前をひやわんとして、

キャラクターデザインに能面を取り入れたそうですね。


【公式サイト】

所属:名張地区まちづくり推進協議会「隠ひやわん倶楽部」江戸川乱歩・観阿弥ゆかりの名張市。
その路地(ひやわい)に住む能面顔の犬、“ひやわん”やで♪
ちょっぴりホラーやけど愛嬌あるこの姿。
出会った人は思わず「あれっこわい!(わぉ!)」と叫んでしまう!?

http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00002969



 
カテゴリー: 

◆ゆるキャラ列伝 一之巻 「ひやわん」 【現代社会】特講



いつもは、歴史的な視野に立って、

我が国の国益と国体に関することや、

我が国の伝統と受け継いでいくべき意思や思想を、

ブログに書くというのが僕のブログですが、

今回はモダン・タイムズを題材に書いていきます。

しばらくは、「ゆるキャラ」の紹介をしていきます。

「ゆるキャラ」と言って、馬鹿にしてはいけません。

崇高な勤勉家でありたい日本国民の視点に立っても、

入試対策的な塾の視点に立っても、

大きな話題になっているのが、「ゆるキャラ」です。


一之巻は、

ご当地・三重県名張市代表のゆるキャラです。

名前は、ひやわんです。

名張にお住まいの方なら、多くの方が知っていると思うのですが・・・

ちょっとビジュアルがね・・・まあ、独特なんですね。


【プロフィール】

名張には、小さな路地がたくさんあります。

かつて、藤堂家の邸宅を中心に「陣屋町」として栄えていた名残で、

「旧町」と呼ばれる地域では、それが特に多いです。

その路地のことを、方言で「ひやわい」といいます。

Oops,時間だ。授業に出ます。
また書き直しますね。







 
カテゴリー: 

≪学習アドバイス≫社会科「評価項目別の学習方法」(2)


社会科の成績表の中で、

今回は・・・・

「社会的な判断・思考・表現」という評価の観点をチェックします。

どう評価されるのか?

その判断基準や観点は何か?

この2つを知っておくと良いでしょう。


ざっくり言うと・・・


●小学校

社会的事象から学習問題を見いだして追究し,

社会的事象の意味について思考・判断したことを

適切に表現している。



●中学校

社会的事象から課題を見いだし,

社会的事象の意義や特色,

相互の関連を多面的・多角的に考察し,

社会の変化を踏まえ公正に判断して,

その過程や結果を適切に表現している。



(※引用:各教科等・各学年等の評価の観点等及びその趣旨/文科省/改行は筆者)

こうなっています。

では、小学校から・・・・

1.社会のさまざまな事柄の中から、自分でテーマを見つけること。

2.見つけたテーマについて、自分で調べたり体験したりすること。

3.調べたことや体験したことから、テーマに取り上げた事柄の意味について考えること。

4.最後に自分のテーマについてまとめを作って、発表すること。


これら4つが、小学校の「社会的な判断・思考・表現」の評価の観点です。

簡単に言うと、

何かテーマを見つけて、自分なりに研究や考察をして、その過程をうまく発表できたか?

ということです。

今度は中学校です。

基本的なことは小学校と変わりませんが、

高度なものになっています。

1.社会のさまざまな事柄の中から、自分でテーマを見つけること。

2.見つけたテーマについて、自分で調べたり体験したりすること。

3.テーマにした事柄の意義や特色を、さまざまな視点からに自分なりに考える。

4.テーマにした事柄とその他の事柄との関連性を、さまざまな視点からに自分なりに考える。

5.テーマにした事柄について、社会の変化を踏まえて自分なりに考える。

6.テーマについて考えるときは、公正な判断を心がける。

7.最後に自分のテーマや考え出した結論についてまとめを作って、発表すること。


これら7つが、中学校の「社会的な判断・思考・表現」の評価の観点です。

これは具体例を挙げて説明しましょう。

1.テーマとして、「リアス式海岸」を取り上げた。

2.図書館の地形辞典を調べたり、インターネットで画像を見たりした。

さらに、実際にある三陸海岸や志摩半島、若狭湾などに行ってみた。

3.リアス海岸の形成やリアス海岸の特徴について、考えた。

4.この海岸は、産業やその地域にどう結びついているのか考えた。

5.東日本大震災の津波で、三陸海岸のリアス式海岸はどうなったかを考えた。

6.考察のときは、さまざまな立場に立った後に自分の意見を出した。

7.リアス海岸をテーマにして、調べたこと考えたことを自由研究で発表した。

このような流れが、「社会的な判断・思考・表現」を身に付ける時の手順です。

では、最後にまとめますね。

この「社会的な判断・思考・表現」というのは、

・自分でテーマを見つけて調べて考えること。

・調査の結果や自分の考えを発表すること。

が重要になります。

研究的な要素が大きいですね。

そして、研究を進めるためには・・・・

まず「関心・意欲・態度」が大事なんですね。



 
カテゴリー: 

≪学習アドバイス≫社会科「評価項目別の学習方法」(1)


社会科の成績表の中で、

「関心・意欲・態度」という評価の観点があります。

どう評価されるのか?

その判断基準や観点は何か?

この2つを知っておくと良いでしょう。


ざっくり言うと・・・

●小学校

社会的事象に関心をもち,

それを意欲的に調べ,

社会の一員として自覚をもって

よりよい社会を考えようとする。



●中学校

社会的事象に対する関心を高め,

それを意欲的に追究し,

よりよい社会を考え

自覚をもって責任を果たそうとする。


(※引用:各教科等・各学年等の評価の観点等及びその趣旨/文科省/改行は筆者)

こうなっています。

小学校も中学校も、

積極的に社会と向き合う姿勢が評価されるわけですね。

これは、社会科を学ぶ姿勢も含まれています。

成績が上がらないと嘆く前に、

できること・・・

その1:授業態度を正す。

その2:提出物を期日を守って提出する。

最後の一つはちょっと勇気がいるけれど、

その3:発言・発表は積極的にして、授業に参加する。

何か用語を覚える前に

これだけでも大きな効果になります。

長くなったので、続きは今度。


 
カテゴリー: 

ページ

Subscribe to ブログ