名張本校ブログ

多項式の計算 ~中3数学~

春期講習初日の今日は、中3生は数学からのスタートでした!

扱う内容は全て新3年生の内容^^

単項式×多項式、多項式÷単項式、多項式×多項式などの計算問題に励んでもらいました。

問題を見てすぐに理解したのか、説明を聞く前に問題が解けてしまう生徒もいて、みんな非常に良い出来でした^^

次回は乗法公式、因数分解へと進んでいきます。

3年生で最初に訪れる山場になりますので、みんな遅刻、欠席の無いように全力でついてきてくださいね!

校舎: 
カテゴリー: 

ステップ算数春期講習

名張本校のステップ春期講習、今日から開始です!
学校も今日から春休み。春休み中、学校の宿題はありませんので、その分しっかり昇英塾で復習・予習をしましょうね!

今日、新2年生のKくんが、進級テストに満点で合格しました~\(^^)/
春休み第1号ですね。
これからも進級者はどんどん増えそうです。楽しみです★
 

みんなの集中力はすごいもので、テキストをどんどん進めてくれています。
春休みが終わると、ぐんと成長したお兄さん、お姉さんになりそうですよ!
    
カテゴリー: 

新しい年度の始まり

 今日から春期講習が始まります。すでに少し前から、新しい学年の勉強が始まってはいますが、昇英塾の正式な意味での新学年は、春期講習から始まることになっています。

 新しい年度が始まるにあたって、今年の目標を決めてみましょう。受験生なら、志望校に合格すること、これが最大の目標になるでしょう。ただ、今の時点では明確に志望校を決めていないという人も多いかもしれません。受験生以外の人たちも、ちょうど年度の切り替えの時期、ちょうどいい時です。心機一転何か新しいことを始めてみませんか。
 
 

 目標設定ですが、、長期目標、中期目標、短期目標というふうに、3つに分けることが望ましいのです。このことについての詳しい話は、また別の機会に譲るとして、目標を立てることによって、自分が今、そしてこれから何をしないといけないかが明確になり、行動にメリハリがついてくるのです。

 勉強でがんばる。スポーツでがんばる。人によって、いろいろあるかと思います。さあ、みなさん、今日はじっくりこの1年間の目標を立ててみませんか。目標を考える時、何もとてつもなく壮大なものでなくてもかまいません。たとえば、毎日30分間読書をするだとか、どれだけ気が乗らない時も、ストレッチ運動をするだとか、そんな目標だって十分意味があります。それを続けることが、自分にとっての自信にもつながり、少しずつ大きな目標にチャレンジできるようにもなる基本的な体力とでもいったものの養成につながります。

 スタートラインに立った今、自分なりの目標を立ててみることは、きっと、あなたの大きな成長につながることでしょう。
カテゴリー: 

OPEN模試解説会

今日はOPEN模試の解説会が行われました。

特に小学生はたくさんの参加で、教室が満席の状態での授業となりました^^

全教科の直しが終わった生徒には、問題集PALをお渡しし、今回の範囲の復習をしていってもらいました。

みんなテストの点数に一喜一憂していましたが、肝心なのはテストの復習です!

出来なかったところは解き方を確認して、次に似た問題が出てきたときは必ず解けるように練習しておきましょう。

新学年として初めてとなるこの結果を基準として、どんどん点数を上げていけるように1年間頑張りましょう!
 

カテゴリー: 

名張本校:漢字統一・算数習得テスト


   100名近くが参加しての1年間総まとめのテストを実施しました。
   年3回のうちのファイナルです。
   十分、実力を出し切れたでしょうか?
   「できたつもり」「間違っていないつもり」の子が多かったような気がします。
   時間はたっぷりあるのに、見直しを疎かにしていませんでしたか?
   算数でいえば、計算の位取りや単位の書き間違え。また、約分のし忘れ。
   漢字でいえば、おくり仮名、漢数字で答えていないという、問題を読んでいない間違いの多さ。
   本当につまらないミスが目立っていました。
   普段から、しっかり問題を読んで解く習慣を身につけましょう!!
   春期講習から次学年へ向かって、自分の不得意なところを克服していってくださいね(*^^)v
校舎: 
カテゴリー: 

今を 一所懸命に 生きる




カテゴリー: 

間もなく春期講習!

3月26日から、春期講習が始まります。
新学年のスタートである、とても大事な講習です。
部活等で忙しいとは思いますが、休まずに受講してもらいたいものです。

入試結果を見ていても、春から頑張った生徒と、夏から頑張った生徒とでは、大きな差があります。
昨日のブログでも書きましたが、新中3生はすでに受験生になっているのです。
その認識ができていますか。
正しい認識を持つことが、何よりも大切です。


新規講習生もまだまだ募集中です。
特に、新中1生は、「3月25日までに入学すれば、春期講習費・春期テキスト代がすべて無料!」という特典もあります。
ぜひお急ぎください!


カテゴリー: 

新たな旅立ち



カテゴリー: 

表現技法③「同音の繰り返し」

 ブログ「序章 表現技法②」において、私の担当する生徒が書いた文章の中に使われていた表現技法、「同音の繰り返し」「現在法」を紹介した。これら二つの表現技法は、比喩、擬人法、対句、倒置法、反復法といった、いわば「メジャー」な表現技法ではない。参考書やテキストなどを探せば、すぐに調べることもできるものは後回しにして、表現技法を紹介していく手始めとして、まずは、こうしたメジャーではない表現技法を取り上げよう。

 三大和歌集の一つ、万葉集は、約4,500首という歌数が、他の幾つもある歌集と大きく異なり、まず膨大である。また、古今和歌集や新古今和歌集といった、勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう・天皇の命によって撰ばれた歌集)が、主に平安貴族たちによって詠まれた、技巧に優れた歌が集められているのに対して、防人の歌(さきもりのうた)や東歌(あずまうた)と呼ばれる、庶民の歌った歌が収められていることや、技巧よりむしろ素朴な感情を直接的な表現に乗せて歌われた歌が多いことでも知られる。
 その万葉集、春の部の巻頭を飾る短歌で、万葉秀歌の一つに数えられ、広く愛誦されている志貴皇子(しきのみこ)の歌を見てみよう。

 岩走る 垂水(たるみ)の上の さわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも

 同音に注目すれば、まず「の」の繰り返しに気がつく。さらに、「に」を二度使い、「な」の使用によって、「軟音(なんおん)」とも呼ばれる「ナ行」音の持つ柔らかな響きが、歌全体を包み込んでいるのである。
 さらには、「走る」「出づる」「春」「ける」の「る」、「垂水」の「る」音の繰り返しも、やはり「同音の繰り返し」である。「なり」の「り」音とともに、「ラ行」音もまた、この歌を非常に印象的なものにしている。
 「ナ行」音の柔らかさと「ラ行」音の持つなめらかな音調とが相まって、寒く辛い冬が終わり、春が来た喜びや感動が、流れるような調べの中、歌い上げられているのが、志貴皇子のこの短歌なのである。
 万葉集を代表する「秀歌」であることも納得がいく。広く愛誦されているのも、「同音の繰り返し」によって生まれるリズム感やなめらかな音の連続が、読む者の心をひきつけるからに他ならないと考える。
 声に出して、その調べを確かめてほしい。 

カテゴリー: 

高校入試を終えて

公立高校の合格発表を終え、各学校での合格者登校日も終わりました。
受験生達は、高校で入試得点をもらってきたようで、いろいろと報告してくれています。

受験生達の出来具合を聞いていると、今年の入試の難易度は、例年並みといったところでしょうか。
詳細は、秋に発行する「道標」にて発表していきます。

さて、高校入試が終わったということは、新中3生が受験生になったことを意味します。
まだまだ受験生としての顔になっていませんが、受験生であることをしっかりと認識してもらいたいものです。
環境によって、人は大きく変化します。
受験生として認識不足であれば、他の人にも悪影響を及ぼします。
一人ひとりの意識で、良い環境をつくっていきましょう。



カテゴリー: 

ページ

Subscribe to ブログ