桔梗が丘校ブログ

中2国語

今日の中2国語では、「平家物語」の話を説明しました。
今回は、冒頭部分の解説を重点的に行いました。文の特徴や言葉の意味、話の主題を説明していきました。
次回からは、本格的な内容の説明に入ります。古文では、動作の主語の読み取りが非常に重要になってきます。
次回は、そこを中心に解説していくので、あらかじめ教科書を読んで、話の流れをつかんでおいてください。
もちろん、歴史的仮名づかいなどの、基本的な内容も取りこぼすことのないように!!
カテゴリー: 

憲法第9条

【戦争放棄、戦力の不保持及び交戦権の否認】

①日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる
戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久
にこれを放棄する。

②前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権
は、これを認めない。
カテゴリー: 

偉人たちの言葉【坂本龍一】

 「地球を見る必要はないんです。まず自分の生活を
見ること。重要なことは、地球を変えようとしたって誰にも
できないけれど、あなたの生活を変えられるのはあなた
だけなんですよ、ということなんです。」
              (坂本龍一 2008年のインタビューより)
カテゴリー: 

入試直前対策講座(10/30)~B・Cクラス数学

今日の入試直前対策講座の数学(B・Cクラス)では、
前回までの復習内容:2次関数は少しお休みし、
予習項目:相似の中から
「線分の比」「中点連結定理」
をセレクトし、進めていきました。
今週からいよいよ11月!期末テストまであと約2週間と迫ってきました。
今日の授業では定期テストで押さえておいてほしいポイントから、入試に出題される応用問題までをじっくり解き進めてもらいました。
学校の方でこの辺りの学習も近々始まっていくとは思いますが、今日のポイントをもう一度しっかり整理し学校授業で復習確認していきましょう!
 
カテゴリー: 

第2回漢字検定が行われました!

本日10月29日、第2回漢字検定が昇英塾で行われました!

今回も50人以上の受検者が漢字検定にチャレンジしてくれました。

2級~7級までが60分、8級~10級までが40分と
各級普段のテストよりも少し長めのテストとなりましたが、
みなそれぞれ時間いっぱい一生懸命テストに取り組んでくれていました。

テスト後のみんなの反応は、

「ここの問題がわからへんだ~」
「思っていたよりも難しかった・・・」

と少し不安げな声が多かったように思います・・・。

問題用紙と模範解答は約2週間後、結果は約1ヵ月後にお渡しします。

まずは2週間後の問題用紙と模範解答で、
今回の復習をしておくようにしましょうね!!



 
カテゴリー: 

オープン模試!

今日はオープン模試が行われています。

中3!
小6!
中1!
が受験してくれています。

中3は入学試験本番さながらの緊張感のある教室で受けてくれています。

今はリスニングで、英語の時間中です。

この後、心して採点しますね!

今のを含めて残り2科目、頑張ってください!!smiley
カテゴリー: 

偉人たちの言葉(ムハマド=ユヌス)

 「貧困は、貧しい人たちが作りあげたものではない。社会の
構造と政策によって作りあげられたものである。わたしたちが
バングラデシュでしてきたように、その構造自体を変えていけば
貧しい人々が、自分たちの暮らしを変えていけることがわかるだろう。」
                   (ムハマド・ユヌス自伝より)
カテゴリー: 

≪桔梗が丘校舎≫11月2日水曜日は中1社会科の補習を行います。


桔梗が丘校舎の中1社会科の授業では、

11月2日水曜日に補習授業を行います。

授業内容は、

単元「歴史:聖徳太子の政治と大化の改新 特別版」です。

補習の詳細は、授業とメールにて受講生に直接連絡します。

実施後の報告も追々、こちらのブログに掲載します。


 
カテゴリー: 

中3社会

今日の中3社会では、桔中、北中クラスともにオープン模試の過去問演習を行いました。
地理では、アメリカの工業都市、養殖業と栽培漁業の違い、歴史では、選挙権の変化と、入試でよく出題されるポイントを重点的に説明しました。
特に、アメリカの工業都市は、どの都市でどの工業がさかんなのかも大事ですが、都市の場所を覚えることも大事です。なので、今回は、地図を書いて場所を説明しました。
今日、できなかった所は、しっかりと復習をしておきましょう。
カテゴリー: 

偉人たちの言葉(ミヒャエル=エンデ)

 「重要なポイントは、例えばパン屋でパンを買う
購入代金としてのお金と、株式取引所で扱われる
資本としてのお金は、二つの全く異なった種類の
お金であるという認識です。」
       (河邑厚徳+グループ現代 著「エンデの遺言」より)    
カテゴリー: 

ページ

Subscribe to ブログ