桔梗が丘校ブログ

数は万物の根源なり

皆さんは「ピタゴラス」って知っていますか。
 紀元前6世紀のギリシャ時代の人です。
ピタゴラスの定理(3平方の定理)で有名です。
 ピタゴラスは「数は万物の根源である」と主張していただけあって,いろいろな数を考えていました。
そのいろいろな数について今回は紹介したいと思いました。

 三角数(6=1+2+3 などの自然数の和で,正三角形の形に表すことができる数)とか,
 四角数(9=1+3+5 などの奇数の和で,正四角形に表すことができる数)とか,
 完全数(6=1+2+3)というように,その数(6)の約数(その数6を除いた1,2,3の和に等しい数)などです。
 
 特に完全数というのは,その後長い間,神秘的な数とされてきました。
 例えば,神様が6日間で世界を創造された(旧約聖書)のも,6が完全数だからと考えたようです。
 では,6の次の完全数は何でしょうか?
 28です。
 そこで「月が地球を一周するのが28日というのも偶然ではないのだ!」と考えたようです。
もちろん偶然です。

本当に「数」って不思議でおもしろくって便利なものですね。

カテゴリー: 

第一志望を目指して!

いよいよ中3生の受験への気持ちも高ぶってきました。

桔梗が丘校では

毎朝の早朝『朝錬』6:30~8:00
毎週(金)の『深夜特訓』22:10~23:30
毎週(日)の『オーダー個別補習』時間応相談

で、生徒たちの熱い気持ちにお応えしています!

どんどん利用して、第一志望校合格を勝ち取りましょう!!
p(^O^)q

カテゴリー: 

小6算数 『比例の利用・反比例の式とグラフ』 

 先週は休校で授業がなかったため、今日は、4時半から、2時間近く授業を行いました。
途中、しんどくなってきた子もいましたが、最後のテストまでがんばってくれました。

 反比例に入っている学校もあり、『比例の利用』と『反比例の式とグラフ』を学習しました。

 比例の利用は、比例の関係を使って、コピー用紙の重さから枚数を求める方法を考えていきました。
2通りの考えをしたのですが、少し難しかったようです。いくつか練習問題をし、慣れていきましょう。

 『反比例』は、XとYの関係がどのようになっているか調べ、式をつくっていきました。
比例とのちがいを学習し、そのあとグラフを書いてみました。

 今日の学習の確認テストをしてみましたが、比例と反比例が同時にでてくると、どちらの関係か判断しにくいようです。
Y=決まった数 × X  の式 になるのか Y= 決まった数 ÷ X になるのか よく調べてくださいね。

 今日は、86ページまで(比例と反比例全部)が宿題です。 
わかりにくいところがあれば、金曜日の国語の前か 土曜日の補習に来て質問してくださいね。
がんばりましょう。smiley
 
カテゴリー: 

i

いよいよ大学入試も本格的にスタート!

桔梗が丘校に通う高校3年生達も、日々、大学受験に向けて奮闘中です!

夕方から深夜まで!寝る時間も惜しんで頑張っています!

第一志望、絶対合格だ!!

カテゴリー: 

◆江戸時代の初期外交

---今日の授業のおさらい---
量が多いため、「江戸時代の初期外交」について
に限りますよ。この部分は、確実に覚えておくと、
おいしいポイントです。


■江戸幕府の外交の変化
 江戸時代の外交で注目しなければいけないのは、
 その「変化」についてです。
  ●朱印船貿易
   当初、家康は大名や大商人に海外渡航を許可する
   朱印状を与え貿易を進めました。
    ▲また、ポルトガル・スペイン・オランダ・イギリス
      などヨーロッパとの貿易を許可していました。
    ▲ところが、キリスト教が急速に広まり、
      宣教師を国外へ追放するキリスト教の禁止につながります。
      ↓※ここから大きな変化が起こってきます。
  ●鎖国
   幕府は、日本人の海外渡航を禁止して、
   外国との交際を制限するようになったのです。
   これが試験によく出る「鎖国」と呼ばれるものですね。
    ▲まず、オランダ人を長崎県出島に移します。
    ▲そして、オランダ中国の貿易船に限って、
      日本への来船を許可したのです。
      言い換えれば、オランダと中国以外の外国との交易を
      禁止した
といえるでしょう。
      ※ついでに、この当時の中国は、という王朝でした。
 
以上です。
お疲れ様でした。
カテゴリー: 

◆江戸幕府の支配のしくみ

桔梗が丘校舎の中2の社会科は、
歴史の「江戸時代」について進めていきました。
 
---今日の授業のおさらい---
量が多いため、「江戸時代の幕藩体制」についてに限りますね。
この部分は、江戸幕府の政治の根本を知る大切なポイントとなりますよ。
■江戸幕府の支配のしくみ
幕藩体制の確立
 江戸の幕府と地方のによって、
 全国の土地と人々を支配する政治制度が整えられます。
 ▲大名は将軍から1万石以上の領地を与えられた武士で、
   自らの領地である藩の政治を行います。
   ・親藩は、徳川の一族で、尾張・水戸・紀伊の徳川家を御三家といいますよ。
   ・譜代は、関ケ原の戦い以前からの家臣で、幕府からの信頼もありました。
   ・一方で、外様は、関ケ原の戦いの後に家臣となった大名なので、
    幕府の領地から遠いところに配置されました。
武家諸法度の制定
 ▲江戸幕府は、大名の生活・結婚・築城のきまりを整えました。
   そして、3代将軍の徳川家光が参勤交代を制度化して、
   武家諸法度に付け加えます。
 ▲参勤交代とは、大名の妻子を江戸に住まわせて、
   大名本人は1年ごとに江戸と領地に住むというシステムです。

 
以上です。
お疲れ様でした。

カテゴリー: 

時の流れ

時の流れは年をとるにつれて、速く感じるようになる

という話を耳にしたことがありますが、最近そのことを身にしみてよく感じています。

後49日で、2012年も終わり…

時の流れに只々流されてしまわないよう、しっかり足元を固めて、歩いていきたいと思います!

カテゴリー: 

消費熱量

今日の中2理科では、「熱量」について勉強しました。
熱量の単位にもいろいろあってややこしかったと思いますが、そのいろいろなうちの一部をあらためて紹介します。

人間の一日あたりの消費カロリーは2,400カロリーといわれています。
1カロリー=1gの水を1℃温度を上げる熱量であることは授業で触れました。
2400カロリーでは、2.4リットルの水を1℃上昇させることしか出来ませんが、体重60kgの人だと1℃温度を上昇させるには、なんと60,000カロリーが必要なのですなのです。
よくよく調べてみると、普通言ってるカロリーは、たいていキロカロリー(大カロリー:Cal)だと言うことが判りました。
栄養学や食品などはカロリー表示が多いと思いますが、工学関係ではカロリーではなくジュール又はワットを使うことが多いです。
カテゴリー: 

明日は実力完成ゼミ2回目。

タイトル通りですが、明日は名張本校と伊賀上野城下町校の2会場で、中3生対象の「実力完成ゼミ」2回目の授業が行われます。

5科目開講される講座ですが、特に、英語・数学は、「関係代名詞」、「三平方の定理」など、学校では2学期の終わりから3学期にかけて学習する内容を先取り学習していくので、非常に重要な講座です。
目的はもちろん、3学期に入試へ向けた実戦演習時間をたっぷりと確保するため。
教科書内容については、2学期中にすべて学習を終えてしまおうという趣旨です。

ところが、前回の第一回目は、桔梗が丘中学校で学校行事があったため、桔中生は全員ゼミ欠席となってしまいました。
そこで、桔梗が丘校では、今日、第一回目の学習内容をフォローするための英・数の補習が行われました。

私は、英語を担当。関係代名詞の働きや種類、関係代名詞の入った文の訳し方、二つの文を関係代名詞を用いて一つの文にまとめる考え方などを説明しました。
高校生でも苦手な子が多い関係代名詞ですが、皆、なかなか良い理解度でした。訳などは、ほぼ完璧でした。

今日の内容を、今夜のうちに復習しておいて、明日の2回目のゼミで、ぜひ完璧に身につけてほしいと思います。

中学校で学習する英文法も残りわずか。しっかり固めて、長文読解や英作文につなげていきましょう!



カテゴリー: 

小6算数『比例』

 今週は、『比例』の学習と復習テストを行いました。

比例は、ともなって変わる2つの量の関係を調べる学習です。

比例しているのか、反比例しているのか、どちらでもないのか、
考える問題で、具体的に絵や表があるとイメージしやすいのですが、文章だけではわかりにくいです。

今日は、XとYがどのように変わっていくのか、Y÷Xの商がどうなるのか調べて判断してもらいました。

それ以外の練習問題は、分かりやすかったようで、みな問題なく進めてくれました。

今日は、そのあとの問題をしっかり復習してきてください。

来週は休校日で授業はありませんので、宿題を計画的に進めておいてください。

毎回、復習テストもしていきますので、頑張ってくださいね。

カテゴリー: 

ページ

Subscribe to ブログ