桐ヶ丘校ブログ

演習あるのみ!

現在の中3英語は、『リスニング』+『演習問題』を徹底して行っています。smiley

1つでも多くの英文を聞くこと、1つでも多くの練習問題をこなすことが大切です。

もちろん、ただやりっぱなしでは困ります。

自分の弱点をなくすこと。 同じ間違いを繰り返さないこと。

そして、いろいろな問題に慣れることを目標に進めています。

志望高校合格という吉報も聞こえてきていますが、入学後のことも考えて、

全員最後までできることをしっかりやり抜きましょう!yes



校舎: 
カテゴリー: 

入試の当日は

目が覚めてから,頭の働きが最高の調子になるまで,およそ2~3時間はかかります。朝食はわずかでもよいから,必ずとるようにしましょう。試験場へギリギリの時間に到着するようでは,掲示板を見落とすこともあります。どうしても避けられない事故のために遅れた場合は,係の人に申し出て適切な措置をとってもらいましょう。

(1)早起き
入試開始の時刻より2~3時間前に起きるのが理想的。
●入試開始時刻の30分前,または集合時刻の15~20分前に試験場に着くようにしよう。
●試験場への到着時刻から逆算して家を出る時刻を決める。
●朝食の時間は余裕を持って,少なくとも30分はほしい。
● トイレでおなかの掃除をしておくこと。
●持ち物の確認の時間をとる。

(2)事故と対策
●寝坊・・あわてないで,みそ汁,ホットミルク,ココアなどを飲んで気持ちを落ちつかせてから出発
●遅刻・・乗り物の事故などで大勢が遅れたときは,高校側で何か対策をたててくれる。一人だけ遅れたときは,高校の受付に申し出て,係の先生か教室の監督の先生の指示に従う。
●忘れ物・・受験票を忘れた場合,受付から入試本部へ行って申し出て,本人であることを確認してもらう。
●急病・・無理やがまんをせず,早めに係の先生に申し出ること。ひどくなってからでは手遅れ。
●トイレ・・試験の始まる前に済ませておくべきだが,万一行きたくなったら係の先生に申し出る。一度教室を出るとその時間は教室にもどれないこともあるので,試験の始まる前の「受験の注意」をよく聞いておくこと。

校舎: 
カテゴリー: 

試験前日の過ごし方【受験生へ】

試験前日の過ごし方

この日の勉強は,今までの整理ノート,教科書などを使ったチェックポイントの確認で総仕上げとしましょう。むずかしい問題にアタックして自信をなくしてしまわないようにしましょう。
夜は早めに床につき,じゅうぶん睡眠をとりましょう。この日のリラックスが明日のファイトとなることを信じて床につくことです。

(1) 持ち物の一覧表をつくる
持っていくものは,前日にそろえておこう。
●受験票 ●受験案内 ●筆記用具 ●消しゴム ●定規・コンパスなど ●下敷き ●弁当 ●時計 
●お金(万一の場合のために多めに) ●うわばき ●生徒手帳 ●ハンカチ ●ポケットティッシュ

(2)勉強は目を通す程度に
前日の勉強は気分を落ちつける程度に。今までの整理ノートの要点を簡単に目を通すくらいで早めに寝よう。

(3)友人と一緒に
友人と一緒に行けば心づよい。雑談しているうちに気持ちも楽になる。待ち合わせ場所と時刻を確認しておくこと。相手が遅れた場合の対応策も決めておこう。

(4)よく眠ること
昼間の軽い運動,寝る前の入浴は効果的。夕食後は濃いお茶やコーヒーなどは控えること。明日の活力のためにじゅうぶん睡眠をとり鋭気を養おう。
校舎: 
カテゴリー: 

学年末テスト

青山中学では、中3の学年末テストが昨日から始まっています。smiley

英語のテストは今日行われたはず。

つまり昨日の授業は、最終チェックの場となりました。

文法はすでに学習済みでしたので、その再確認と、教科書の内容を中心に勉強してもらいました。

余裕のある生徒もいましたが、安心せずに残り1日、悔いのないように頑張ってくださいね。yes

校舎: 
カテゴリー: 

どんな問題?

冬期講習から一緒に勉強している生徒にとって、来週のOpen模試は初めて受けるテスト。

講習の確認テストとは違って、少し不安な表情も見られました。

そこで、過去問を使って問題に挑戦してもらいました。smiley

1学期から今までたくさんの内容を学習してきましたね。

be動詞・一般動詞・疑問詞・代名詞・・・etc

自分の足りていないところもわかったと思います。

しっかり見直して、悔いのないように頑張りましょう!laugh

校舎: 
カテゴリー: 

入試までの過ごし方

試験まで間近になったら,新しい知識をつけ加えるよりも,今まで積み重ねた知識をまちがいなく確認整理することが大切です。冷静さを欠いて受験当日を迎えることは,最大のマイナスです。他人のがんばりを気にしすぎたりしないで,マイペースで目標に向かってぐんぐん進んでいきましょう。

(1)かぜと食べ過ぎにご用心
かぜで体調をくずすと,一年間の努力が水のアワ。健康管理にじゅうぶん気を配ろう。食事の量や栄養のバランスにも気をつけて。

(2)夜型から昼型へ
人の脳は,目がさめてから2~3時間あとで,その機能を発揮しはじめる。入試の時間に合わせた生活設計に切りかえよう。

(3) 試験場の下見を忘れずに
道順,所要時間,交通費や試験場の集合時間などは事前に確認しておこう。所要時間は入試当日の時間に合わせて朝のラッシュ時に調べること。

(4) 勉強はポイントを整理
今から無理にがんばってもプラスにならない。整理ノートで知識の確認程度にとどめ,時間のある限り何度でも目を通そう。

(5)受験校の出題傾向・形式などを調べる
自分が受ける学校の出題形式,傾向などを過去3カ年くらい調べておこう。公立高入試と私立高入試では出題傾向が異なるので,それぞれ過去問を解いて慣れておくことが大事。
校舎: 
カテゴリー: 

リスニング♪

中3英語の授業では、入試本番に向けて『リスニング』練習を取り入れています。

公立高校では50点中、例年約18点がリスニングになっています。blush

「苦手やから・・・。sad」ではすまされません。

1回より2回、2回より3回。慣れることが大事です。smiley

文法もほぼ終了していますので、あとはいろいろな問題に挑戦すること!

本番まで悔いのないように、できることをしっかりやっていきましょう!


校舎: 
カテゴリー: 

漢字の大切さを現代社会に

漢字は中国で生まれ、日本に渡来し、カタカナ、ひらがなを生むとともに、文字を持たなかった日本語を飛躍的に
豊かにしてきました。
現代の社会においては、年齢・職業を問わず「漢字を運用する力」をふまえた「ことばの力」が欠かせません。
さらにこれからの社会では、情報化・グローバル化がすすむ中で、コミュニケーション力はもちろん、文化や歴史にも関心を持つことが
求められるでしょう。
しっかりと勉強していくことが大事です。
校舎: 
カテゴリー: 

助動詞「can」

今週の中1英語は、初めて「助動詞」を勉強しました。

1年生で登場するの「can」です。

今まで習ってきた一般動詞の前に付けて「~できる」といういみをプラスします。

最初「助動詞」という言葉に、不安な顔をしていた生徒も、練習していくうちに、

「なんや、簡単や!cheeky

そうです。主語が何であろうと「can + 動詞の原形」で出来上がりです。yes

来週の小テストでは全員100点合格を目指して頑張ってくださいね。
校舎: 
カテゴリー: 

雪降る桐ヶ丘

今日は夜から”雪”
でも校舎の中では、子ども達の学習意欲の熱が満ちた温度が伝わってきます。

第1弾の高校入試まで2週間をきった今のこの時間を大切にと考えている受験生が、今年も桐ヶ丘校の自習室に連日来てくれています。
入試の過去問 苦手分野のプリント またチャレンジ問題を求めて、それを解く姿は、まさしく入試直前の受験生の姿です。
ひと回りも ふた回りも大きくなった自分を意識できる状態で「本番」に臨めるようにしてください。

しんしんと降り注ぐ雪と、もくもくと問題に取り組む子ども達のコントラストが印象に残る桐ヶ丘の光景です。
校舎: 
カテゴリー: 

ページ

Subscribe to ブログ