中1生に授業でお話ししたこと(0411)

①梅が丘校の授業には、学校の教科書(その日の授業分だけ)をもってくること。
 
 
②学校の宿題は、必ず教科書を使ってすること。自分の記憶だけでさっと終わらせないこと。


①②について、各中学校では「教科書をよく使う科目」「教科書をあまり使わない科目」があります。教科書をよく使う科目であれば、その内容を目にすることも多く、正しく役立ててくれます。しかし、学校の授業で教科書をあまり使わない・・となると、子どもたちは「あぁ、そんなに大事じゃないだ・・」と感じてしまいます。その結果、教科書に載っている細かい内容を覚えていない→定期テストで答えが書けないとなってしまう可能性があります。そのため、「勉強には教科書を使う癖をつける」ということが大事です。塾の授業の際にもってくるのもそれが狙いです。

また②について、中学校の宿題は基本的に「提出したかどうか」をチェックしています。つまり、「自分で解けたかどうか」もっと言えば「自分で調べてやったかどうか」「自分の記憶に残っているところだけを埋めて提出してはいないか」というところまでは評価に入っておりません。しかし、定期テストのことを考えた場合、「自分で調べてやった方が記憶に残りやすく、テストでも書ける」という事は明らかかと思います。

中1生にとって、今この時期に癖をつけたことは、受験生までの3年間ずっと「当たり前のようにできる」ことになります。
校舎: 
カテゴリー: 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。