余弦定理【高校数学】

今週は高校生のテストが続きます。
今日は、3角比の三角形への応用の範囲でよく出題される
余弦定理をどの場面で使うのかをまとめておきます。
① 2辺の長さとその間の角の大きさから、他の1辺の長さを求めるとき
② 3辺の長さ(または比)から3つの角の大きさを求めるとき
これらの場面では、「余弦定理」を使います。
校舎: 
カテゴリー: 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。