円・おうぎ形の周りの長さから複合図形の周りの長さへ

今週の小5特進算数Bの授業は、円・おうぎ形の周の長さや面積の復習の後、複合図形の周りの長さに入りました。

複合図形は、うまく工夫をすると簡単に解けることが多いので、みんなに解いてもらってから全問解説していくと、

「ほんまやぁ! そうやったら1つの円になるから直径×3.14だけで出るやん!」

というような声が続出。


「あっ、そうやって解いたらいいんやぁ!」と気づき感動すれば、次に出てきた時にはちゃんと解けるはずです。

今後も『気づき』を大切にした授業をしていくので、お楽しみに!!!
 
カテゴリー: 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。
画像CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.