大災害と持続可能な社会

 2011年に起こった東日本大震災は、被災した人々の節度あるふるまいや規律を乱さない
姿に加え、多くの人々がボランティアとして現地に駆けつけるなど、日本社会のよい面を改めて
認識する機会となりました。また、地方自治体、企業はもちろん、世界中からおしみない支援が
行われました。
 大震災は津波をともなって、多くの人々の生命や財産を犠牲にし、生活を破壊しました。持続
可能な社会を実現するために、私たち人間は自然とどのように向き合い、共生出来るのかを問
われることになりました。
カテゴリー: 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。
画像CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.