小6算数「量の単位のしくみ」

3学期の小6の授業が始まりました。
1月は「資料の調べ方」の復習と「量の単位の仕組み」を学習します。
2月からは、中1準備講座の「正の数・負の数」に入ります。
短い学期ではありますが、体調には十分留意し、しっかりと学年末の学習に励んでほしいと思います。

「量の単位の仕組み」に入りました...
長さと面積の単位を学習しました。

長さの単位と広さの単位を調べ、適切な単位を予想してもらいました。
 教科書の厚さ、5mm
 鉛筆の長さ、17cm
 校庭のトラック1周の長さ、100m
 東京から大阪までの距離は、516㎞

 ノートの面積は、 468平方センチメートル
 体育館の広さは、 8アール
 自然公園の広さは、 94ヘクタール
 大阪府の面積は、1898平方キロメートル
などです。

単位が苦手という人も、まず復習して小さい単位から覚えてくださいね。
単位の換算の方法についても学習しました。
面積は長さの単位をもとにしているので、練習しているうちに、ある程度の規則性を見つけることができます。
次回、長さと広さの換算をもう少し復習して、確実なものにしていきたいと思います。




 
カテゴリー: 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。
画像CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.