格好悪い言葉

めちゃくちゃ格好悪い言葉が3つあります。
最初にゆうとくけど、成績を確実に上げてる人・合格する人はこの言葉は絶対に言わんよ!
 
みんな胸に手を当てて考えてみ。
 
まず1つめ。
「自分なりに精一杯、頑張った」
これ、典型的な失敗したときの言い訳。
公立高校の入試は公正。
同じ高校を受験するんは同じくらいの内申点の人。
他の受験生が10ページできるようになる間、自分は3ページできるようになった。
成長はしてるけど、横並びの勝負では結果は明らかや。
 
ほんで2つめ
「できるだけのことをした”つもり”」
やってる感を出す”やったつもり”。
これは「やった」とはまったく別モノ。
努力や成果は入試においては他者の評価。
とくに、入試においてはそこはシビア。
自分を客観視してみ。
ホンマに他の誰よりも行動してる?
 
最後に3つめ
「根拠のない自信がある。落ちる気がしない」
奇跡は滅多に起きないので奇跡と呼ばれんねん。
『もしかしたら本番は凄くええ得点とれて受かるかも』
そんなん起こらんよ。
合格するんは、目標から逆算し、計画的に勉強して結果を出した人やで。
 
ざくざく心に刺さった人。
今なら、まだ間に合うで。

ホンマに頑張った。
ホンマに努力した。
せやから受かった。

そない言えるように、今日から、行動を変えよな!
カテゴリー: 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。