法隆寺夢殿

 夢殿は、遣唐使による交流を続けていた中国の文化をとり入れて、
奈良時代につくられました。その後、雨が多いなどの特徴がある日本の
気候にあうように、屋根のかたむきを急にしたり、軒の出方を長くしたり
するなどの、改築を行いました。この夢殿のような工夫を重ねて日本は
文化を育んできました。
校舎: 
カテゴリー: 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。
画像CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.