相似&面積の比

中3特進学習会では、中3後半で学習する「円」「相似」「三平方の定理」を学習中。

今週の授業では、相似分野の後半である「面積の比」をやりました。

高さが共通であれば「三角形の面積の比=底辺の比」という考え方を利用する問題や角の二等分線公式、線分と面積比ですが、考え方がややこしいところだからか、多くの子が難しそうにしていましたね。

でも、この単元は入試で絶対に必要となるところなので、「難しい」で片づけられたら困ります。


志望校が1つ上がるか下がるかが、この単元の理解度で決まるんだ! とでも思って、必死になって理解に努めよう!!!
 
カテゴリー: 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。
画像CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.