過去問演習(大谷中学校編)

小6特進算数の授業では、今週も過去問演習によるアウトプット練習をしました。

今週は大谷中学校。


ここの問題は所々にある「時間のかかる問題」をいかに避けながら効率よく得点していけるかがポイントとなります。そういうことを説明してからやってもらいましたが、結果は...

全員が医進コースの合格最低点から3~10点の差でした。3~10点ということは、「あと数問を正解させれば合格」ということですね。

みんなの答案を見てみると、1番の計算問題と2番の小問集合でその「数問」を落としていました。


『ケアレスミスが合否を分ける』

このことを強く感じたようです。


こういう経験は次に繋がると思うので、前を向いていこう!!!
 
カテゴリー: 

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。
画像CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.