特進科ブログ

第58回 クイズ 名探偵ショーエック・ホームズに挑戦」~桐ヶ丘校からの挑戦~

いつもこの「クイズ 名探偵ショーエック・ホームズに挑戦」をご覧いただきまして
ありがとうございます。また、たくさんのご応募いただきましてありがとうございます。
今回も皆さんといっしょに楽しく考えていただけるスペシャルな問題を用意しました。
それでは、御一緒に見ていきましょう。
 
<前回クイズの当選者発表>
抽選の結果、前回クイズの当選者は次の皆さんです。
おめでとうございます!
 
加林 元希さん  (特進科・中3)
有馬 天翔さん  (百合が丘校・中3)
海江田 七音さん (特進科・小5)
 
<前回のクイズ>
水が5Lまで入る容器Aと水が3Lまで入る容器Bがあります。
この2つだけを使って「4Lの水」をためるにはどうすればよいでしょうか?
「まずBを満タンにして、次に・・」などというように、手順をおこたえください。
ただし、どちらの容器も目盛りがついていないものとします。
 
<前回クイズの解答解説>
方法その1
Aを満タンにする
Aのすべての水をBへ移す
Bを空にする
Aに残った2LをすべてBへ移す
Aを満タンにする
Aの水をBへ入るだけ移す
これでAが4Lになる
 
方法その2
Bを満タンにする
Bのすべての水をAへ移す
Bを満タンにする
Aが満タンになるまでBの水を移す(A5L・B1L)
Aを空にする
Bの水をすべてAに移す(A1L)
Bを満タンにする(A1L・B3L)
Bのすべての水をAへ移す(A4L)

※やり方は他にもあるかもしれません。
 
では、今回のクイズを出題します。

<今回のクイズ>
今回は、数学博士となった藤井からの問題です。
キーワードは「完全数」
その前に小学校低学年の子ども達にもわかるように約数のお話を簡単にします。約数とはその数を丁度割り切ることが出来る数(整数)のことです。
そこで、完全数は、その数自身を除く約数を
全部足し算すると元の数になる数のこと

例えば、28
約数は 1, 2, 4, 7, 14, 28で
その数自身の 28 を除いて和を求めると
1 + 2 + 4 + 7 + 14 = 28
となり、元の数になります。

それでは、問題です。
28より小さい数で完全数になるものが一個あります。
それは、どんな数でしょうか。
 
さあみんな、藤井先生からの挑戦をはねのけて、どんどん応募してください。
今回の締め切りは、9月19日(水)中です。

応募はこちらから!

<ヒント>
7までの数の中にあるよ。頑張ってさがしてください。
 
というわけで、次回「クイズ 名探偵ショーエック・ホームズに挑戦」は、百合が丘校の岡部先生が10月1日からの1週間の間でアップします。
お楽しみに!
 
カテゴリー: 

五ツ木テスト 頑張れ!!!

いよいよですね。

五ツ木テスト。

受験する皆さん、健康状態は万全ですか?

緊張していませんか?


日ごろの学習の成果を発揮して、頑張ってもらいたいと思います。





自分を信じて頑張って来い!!!
カテゴリー: 

明日は第4回五ツ木テスト

明日は中1生~中3生の希望者を対象とした第4回五ツ木テストが行われます。

場所は勤労者福祉会館。


この日に向けて過去問演習等をやってきました。

その努力が報われ、いい結果が出ることを期待しています。


頑張って来いよ!!!
 
カテゴリー: 

モチベーション面談

今日は9月2日に受験した駸々堂学力テストと9月9日に受験した浜学園公開学力テストの成績表返却日。

ということで、1人ずつ呼んでモチベーション面談をしました。

今回の結果から見えてきた弱点の指摘や、それを克服して得点力に結びつける勉強法などをアドバイス。

今日のアドバイスをすぐ実行に移せる子は、次回絶対に伸びます!

逆に、せっかくのアドバイスを「聞いていただけ」で実行に移せない子は、次回は下がっちゃうんでしょう。


受験生にとっては残り4か月!

すぐに行動に移して志望校合格をグッと近づけよう!!!
 
カテゴリー: 

円・おうぎ形の周りの長さから複合図形の周りの長さへ

今週の小5特進算数Bの授業は、円・おうぎ形の周の長さや面積の復習の後、複合図形の周りの長さに入りました。

複合図形は、うまく工夫をすると簡単に解けることが多いので、みんなに解いてもらってから全問解説していくと、

「ほんまやぁ! そうやったら1つの円になるから直径×3.14だけで出るやん!」

というような声が続出。


「あっ、そうやって解いたらいいんやぁ!」と気づき感動すれば、次に出てきた時にはちゃんと解けるはずです。

今後も『気づき』を大切にした授業をしていくので、お楽しみに!!!
 
カテゴリー: 

秋の遠足を行います!!

10月21日(日)に秋の遠足を行います。場所は、海遊館とその他大阪の大人気スポットを巡る予定です。塾生のお友達なら、塾外生方の方でも参加可能なので、どんどん参加してください。
普段ではなかなか体験できないことを体験できるチャンス、新しいお友達を作ることができるチャンスなど、遠足にはいろんなチャンスが転がっています。ですので、どしどし応募してください。
僕たちと一緒に最高の思い出を作りましょう!!
カテゴリー: 

植木算の総復習

今週の小4特進算数では、「植木算」の後半(のりしろ問題など)をやりました。

まず桜の木を等間隔で植え、その後、桜の木と桜の木の間にツツジの木を植えると、ツツジの木は何本?

というような問題や、

16cmの紙を3cmずつ重ねて55枚つなぐと何cmになるのか?

というような問題です。


このレベルになると、木の本数は間の数+1をするのか、間の数-1をするのか、そのままなのかが分からなくなる子が続出。

そういう子には図の描き方や、いろいろな解法を紹介しながら繰り返し練習してもらうと、コツがつかめてきたのか、正解が導けるようになっていきました。


やっぱり練習量ですよね。

家でもたくさん問題をこなして、1週間後には「植木算って簡単!」と言えるようになってきてもらいたいと思います。
カテゴリー: 

総合演習(第2回)

今週の中3特進数学Aクラスでは、先週に引き続き公立高校レベル、中堅私立高校レベルの問題を集めた「総合演習」プリントをやりました。

今日は第2回。

1次関数の利用や相似証明などで独特な解法をするところがあり、「そんなん、気づかへんわぁ!!!」の連続でした。


入試まではまだ6ヶ月あります!

6か月間も受験対策ができるんだから、このアドバンテージを生かして成長していきましょう!!!
 
カテゴリー: 

第4回五ツ木テストに向けた過去問演習

今週の中3特進学習会では、2日後に迫った第4回五ツ木テストに向けて過去問演習をしました。

今日は理科。

1つ1つの問題がやや複雑になっており、加えて問題数もかなりあるということで、40分という時間での解答はギリギリって感じでした。

その後は全問解説をしましたが、振動数の計算方法や風力の基準など、忘れていることもたくさんあったようで、なかなか満足のいく点数は取れなかったようです。


本番までまだ2日あるので、忘れていることは覚え直し、万全な状態で受験してきてもらいたいと思います。

 
カテゴリー: 

1次関数の総まとめ

今週の中2セレクション数学Aクラスでは、「1次関数の総まとめ」をしました。

扱った問題は定期テストレベルの問題ということで、まだまだうまく解けない問題もありましたが、1か月後にはこのレベルの問題で点数を取っていかないといけないので、「難しい」と言って投げ出していては困ります。


しっかり復習しておきましょう!!!
 
カテゴリー: 

ページ

Subscribe to ブログ