つつじが丘校ブログ

早くも意識の変化が。

本日の授業にて、中3生については第一回模試の結果をお返ししました。

3月末の実施だったため、2年生の最後に受けたテストとなりますが、
テストでは3年生のテストを使用していました。

結果がよかった子もいれば、まだまだ伸ばさないといけない子まで様々でしたが、
ある子から「このままじゃおれあかんやん。もっとやらな・・・」と早くも意識を変えてくれている子が。

「もうどうでもいいや。」
「まあ最悪志望校下げるか。」
と、マイナスな気持ちになってしまえばそのままズルズルと下がっていくのは目に見えていますが、
「やらないと!」という意識を持ってもらうだけでも今後の結果は大きく変わってきます。

次のテストまでまだまだ時間があります。

しっかりと高い意識を持って取り組んでいってくださいね。

 
カテゴリー: 

高校生英語

今日の高校1年生の英語では、文型の説明、演習をしました。

先日は第3文型まで説明を行い、今日は第4、5文型の説明、演習をして、総合問題に取り組んでもらいました。

部活や、学校の先生の話、授業の様子を聞きながら、英語はゆっくりめということで

今日は文型をしました。

次回の英語は5月8日です。

連休中も部活や、課題もあり大変だとはありますが、また再来週頑張りましょう!

再来週はテスト2週間前だと思います。

初めての高校のテストに向けて頑張りましょうね!^^
カテゴリー: 

残り1か月だそうです。

今日のつつじ校のステップ授業は英語の授業でした^^

家庭訪問が始まっているようで、
いつもよりも帰宅時間が少し早いようです。

そんな中いつもの時間に登校してくれた子たちの中に、
運動会の話をしてくれる子がいました♪

5月の下旬に運動会があるようで、
早くも練習が始まっているようです。

これからどんどん気温も高くなっていきますので、
体調には気をつけて頑張ってくださいね^^
カテゴリー: 

根号と計算

つつじが丘校の中3数学プラスの授業では根号の乗除に入りました。
特にルートの中を簡単にする方法と有理化はルートの計算の答えを書くうえで必ず必要になるテクニックですので、しっかりとマスターしておきましょう。
GWで少し期間は空くけど、しっかり復習しておいて下さいね!
カテゴリー: 

ここから自分のスタイルをみつけてください!

つつじ校の中1・中2英語の授業でも単語テストがスタート!

どちらの学年も教科書単語の確認ということで、
1回のテストで20~30個の単語を確認していきます。

中1生は初めての単語テストだったため、
思い通りにいった子もいれば、自分の勉強してなさが露呈した子まで様々でしたね。

定期テストでの教科書単語は基本中の基本です!

テスト前に焦って勉強をすることのないよう、
コツコツ今から準備していきましょうね!
 
カテゴリー: 

因数分解の応用編~中3数学

月曜数学では、因数分解の応用編を勉強中!
基本公式をしっかりマスターした上でここをせねば定着もしていきませんので、公式をしっかり確認しておきましょうねlaugh
火曜数学では平方根を進めていきます!!
カテゴリー: 

公式の確認

今日の中3数学では学校と比べてかなり先まで進んでいるようなので、因数分解の公式の確認をしました。
さすがに春期講習から2~3週間ほど経っているので少し記憶があやふやになっていたところもあったようです。
しっかり見直して、GW明けには完璧にしてきて下さいね!
カテゴリー: 

ややこしい部分だからこそ!

中1数学の授業では、累乗の計算を進めていきました。

仕組みを説明した後に例題に取り組んでいただきましたが、
どうしても「同じ数をかける」のが「ある数字×指数」となってしまうようです。

毎回、「あ!忘れてた!!」と正しい計算をしてくれるのですが、
なかなか一瞬で間違いには気づけないようです。

GW中に時間を使って内容を完璧にしておくようにしましょうね!!

 
カテゴリー: 

正負の数の計算ラスト!

中1Aクラスの数学では今日で四則混合の計算、分配法則と正負の数の計算に関するルールは全て学習し終えました。
後は計算の正確さをあげていくことと、文章題やことばの問題を練習していくと完璧ですね。
中間テストまであと1ヶ月ほどありますが、GW中に「あっ、忘れた!」とならないようにしっかり宿題はしてきて下さいね。
カテゴリー: 

抜けていた部分はお家でがっちり!

今日の中3英語の授業では、受動態の応用内容の演習を進めていきました。

前回取り組んだ基本を土台に、
熟語や書き換えなどの難しい問題にもチャレンジしてもらいました。

熟語については抜けている部分も多く、まだまだ強化が必要なポイントですね・・・

今日取り組んだ問題や抜けていた熟語については、
もう一度お家で時間を取って確認をしておくようにしましょうねwink

 
カテゴリー: 

ページ

Subscribe to ブログ