色々な方法

国語の問題には色々な方法があります。

〔指示語〕

前の文から探す

さらに前の文から探す

後の文から探す


〔接続語〕

前後の文の関係を見る
(順当にくる結果なのか、具体的事実を述べているのかなど)


〔空欄補充〕

前後の文・言葉を見る


〔内容選択〕

全ての選択文を読む

本文に書いていない事実、間違っている事実を消していく


などなど

これはあくまで1つの方法

より多くの解き方を覚えていくことによって

解ける問題、読み取り能力は確実に成長していきます。


「国語の問題=読書」 ではありません。

問われていることは、「問題の解き方」


今日授業で間違えてしまった問題は

必ず家で復習すること!
カテゴリー: 

コメント

指示語や接続語
少しだけ忘れかけていましたが
このブログを見て
「ああ たしかこんな感じやったなぁ」
と思い出させてくれましたww

ちょっと指示語や接続語はすぐ忘れやすいな!
と後々気づきました
だからテスト時期には
先生のブログを参考にして勉強したいと思います!
<(_ _)>

新しいコメントの追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問は、ロボットによるスパム投稿を防ぐためのものです。お手数ですがご協力下さい。
画像CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.