梅が丘校ブログ

覚えておくとオトクです(小6)

今日の小6算数の授業の中で、復習内容の「倍数・約数」を扱いました。

「4の倍数は?」と聞くと、「4、8、12、16・・・・」とすぐに答えが返ってきます。

そこで、今度は

「13の倍数は?」「17の倍数は?」「18の倍数は?」と聞いてみると、すぐに答えは返ってきませんでした。

「倍数・約数」の基本問題レベルなら、これらの倍数を覚えておく必要は無いのかもしれませんが、やや難しい問題になると知っておかなければ、答えを出すまでに時間がかかってしまう可能性があります。

知っておいて損はないことなので、頑張って覚えてしまいましょう!

分数の計算で約分をする際にも使うことになりますし、後々便利ですよ!laugh
校舎: 
カテゴリー: 

1学期が勝負です!(中3)

春休みになり、新中3生たちは「受験生」となりました。

高校に対する気持ちは、すでに切り替わっているでしょうか?

受験生たちは、中3の夏ごろに部活を引退し、2学期から本格的に勉強を始めるケースが多いようです。

しかし、2学期から勉強のエンジンをかけても、残り期間を考えた場合、あげることが出来る学力は限られてしまいます。

特に、「自分が目指す高校」と「今の実力」に差がある場合、2学期から本格的に勉強を始めても、「頑張ったんやけど、届かなかった」となってしまうケースも少なくなりません。

そこで、受験生の皆さんには、「3年生の1学期」から受験勉強を始めてほしいのです。

1・2年生と学校の授業を真面目に聞いていたのなら、あとは、「自分が特に苦手な教科」や「自分が苦手な分野」を集中して取り組めばよいでしょうsmiley


3年生の1学期をどう過ごすか?


後々影響を与える、とても大切なことだと思いますよwink
校舎: 
カテゴリー: 

今の時期に出来ること・・・(中2)

中学生の春休みが始まり、昇英塾の春期講習も始まりました。

少し前の時期には新高1生の高校入試があり、さまざまな結果がでましたね。

新中2となる皆さんには、受験まであと約2年あります。

この受験までの長さに安心し、「受験生になるのはもう少し先だから、今は勉強のことをあまり考えなくてもいいやん」と思っている人はいませんか?

そんなことはありませんよ。

受験直前となれば、皆さんのまわりの人たちも「勉強をすることが当たり前」となるので、皆さんも勉強に意識が向くことになるでしょう。

しかし、これでは「今の力でいける高校」にしか進学することができません。

「今はまだ、○○高校に行く力はないけど、受験までに力をつけて、行けるようになりたいねん」と考えている人は、今のうちから「勉強の習慣」をつける必要があります。

そのためには、何か目標を設定することがいいですね。

『春期講習で勉強している内容・使用しているテキストを完全に理解してやるねん!』

という意識で勉強を頑張りましょうlaugh


これが受験につながり、今出来ることではないでしょうか?



校舎: 
カテゴリー: 

今日も模試対策

今日の中2・中1国語ではOPEN模試の対策を行いました

中2は論説文は良く出来ていました
でも漢字は要見直しですね

中一は初めて慣用句・ことわざを進めていきました

授業内に一緒に問題を進めて、あとで同じ問題をテストしたところ、全員が高得点を取ってくれました 最大でも二門間違いという結果は素晴らしい

模試本番まであと少しですね
校舎: 
カテゴリー: 

一般動詞が、、、

中1の前回の宿題は一般動詞の発展問題でした。

一般動詞は、基礎的な問題はだいたい解けて来たものの、やはり発展問題となると苦戦する様子が見られました

今日はOPEN模試対策で過去問を解いていったのですが、みんなの表情が・・・暗い

OPEN模試まであと少し!
今出来る事を最大限に頑張りましょう!
校舎: 
カテゴリー: 

模試対策

今日の中1、中2国語ではOPEN模試対策を行いました

論説文を進めていくと、1年生でも2年生でも悩む姿が見られました。

記述式問題では、最初から諦めてしまう子が多いかも・・・と思っていたのですが、
皆悩み、唸りながらも一生懸命考えてくれていました。

来週の中1は英語の授業でも模試対策を行います
校舎: 
カテゴリー: 

文法を

今日の中1国語では
主語述語の見分け方、
独立語、接続語など、
並立と補助の関係など、文法を進めていきました

学校で習ったときはサッパリ と言っていた生徒も、
今日の授業の中では「あ、ここ得意かも
と言ってくれました

しかし、忘れないうちに復習する事が大切です
せっかく理解しても復習しなければすぐに忘れてしまうでしょうから、ちゃんと見直しをして、頭に入れましょうね
校舎: 
カテゴリー: 

ページ

Subscribe to ブログ