日々の雑感

夜中の勉強より朝の勉強!

受験生は、追い込みの時期。
毎日、夜遅くまで勉強してる子も多いのでは?
はっきり言って夜中の勉強は勧めん!
 
睡眠時間を削って勉強することは決して良いことちゃうよ。
なぜなら「睡眠には疲労の回復と、記憶を整理する役割」があるんやから。
一生懸命勉強しても、しっかり睡眠をとらんと記憶が整理されん。
すなわち、学習した内容が定着せん。とくに暗記科目。
 
ほんで、
「睡眠は体の免疫力を保ち、ストレスも解消」してくれんねん。
受験前やからこそ、理想の7時間半の睡眠時間を確保しようぜ。
身体的にも精神的にも負担が少なく、良いコンディションが保てるわ。
 
また、寝る時間帯ですが、コアタイムは22時~2時とされてるみたい。
22時~2時が一番成長ホルモンが分泌される時間だから。
22時~2時の時間帯は、体の修復作業が行われる時間帯。
この時間帯に睡眠をとることで、昼間集中して学習に取り組むことができます。

学習効率を上げよ!

中3は内申が決まる時期。
落ち着かない時期やろうが、時間は待ってはくれん。
ついてまうものはついてまう。

後期入試まで3か月ほど。前期や私立でゆうたら2ヶ月や。
1日に4・5時間勉強するなんて人もざらになるわ。
しかしな、集中して勉強できる時間はそんなに長くはないよね。

そこでや

■問題を解くとき「この問題は○分」と決め、タイマーで計って実施。

■ひとつの問題に時間をかけすぎない。解けない問題はどんどん答えを見て理解し、後で繰り返し解き直す。

■隙間の時間(入浴中・寝る前・トイレの中など)を利用して暗記。

など、時間を有効に使う工夫をしてみたらどやろか。

とにかく、
日数は限られてるんやから、中身を2倍・3倍の濃さにせえ!
ってことやね。
冬季勉強合宿に参加!もそや。

もちろん、このような学習の工夫は受験生だけではなく全員に応用できる方法。

学習に充てられる時間は、決してたくさんあるわけちゃうよ。

模試や実テの結果で見るべきこと!やるべきこと!

模試の結果を生徒に渡したとき、または実力テストの結果が返ってきたとき。
視線はどうしても全体の点数や順位、志望校判定結果だけに向きがちですよね。

確かに、合格率が低ければ、気持ちが落ち込みます。
ですが、他にも必ず確認して欲しい部分があります。
それは「単元ごとの得点結果」です。

基礎である国語の漢字や数学(算数)の計算分野でミスがないか?
まず、そこをを確認してみてください。
理科・社会で苦手になっている単元がここで分かります。


全体の得点だけでなく単元ごとの得点をしっかりと確認すること。
自分の弱点がどこなのか、どこで点数を逃しているのかを分析すること。
そして、できなかったところをやり直すこと。
それが模試や実力テストで一番大切なこと。


模試は、あくまで模試。

ながら勉強

近年、勉強の仕方として「ながら勉強」が話題になっています。
テレビを見「ながら」
携帯をいじり「ながら」・・・
多くの場合は、勉強の効果を下げてしまうとすぐに分かるもの。
しかし音楽を聴き「ながら」の勉強はどうでしょうか。
今回は、そのお話。

実は音楽を聴きながらの勉強には多くのメリットがあります。
一般に『モーツァルト効果』と呼ばれている学説です。
音楽を聴きながらの学習や作業により、能力が向上するものもあります。(賛否がありますが)
また、音楽を聞くことにはリラックス効果があるとされています。
実際に手術中などに音楽が流されることもあります。
また、単に周囲の音を遮れるため集中力が上がるという効果も期待できます。
ただ、選曲に注意も必要。
クラシック音楽などの歌詞のない曲が望ましいでしょう。

ラスト3か月でやるべきこと

いよいよ入試が近づいてきました。
これから3ヶ月で、いかに得点力を伸ばすかが合格を左右します。
そこで、今回は3ヶ月で得点力を伸ばす方法をお伝えします。(中3は、得点アップのために合宿は必須!)

①まずは過去問を解く
これは当たり前ですね。相手を知らないまま挑むのは無謀です。
ただ、数学は最後の項目を習い終えてからね。
どのような問題が出るのか?
すべて解くのに何分かかり、何分見直しが出来るのか?
毎回、点数が取れない大問はどこか?
きっちり作戦をたてて本番に挑みましょう。


②毎回点数が取れない大問をどうするのか?
何年分か解いていると、いつも解けない大問が出てくるかと思います。
それを復習をすべきかどうかは、どの学校を受験し、入試で何点が必要かによります。

座っている姿勢と偏差値の関連性

テスト中の生徒達の様子を見ていて、気がついたことがあります。
「成績の良い生徒ほど、テスト中の姿勢がいい」のです。

逆に発展途上の生徒は、テスト用紙と顔との距離が近い生徒が多いです。
もちろん、姿勢が全てだとは思ってません。
それだけで結果が決まるわけでもありません。

しかしその後、気になって他の学年の生徒も見てみました。
同じことが起こっていました。

なぜ?

ここからは私の推測で、確証はありませんが・・・
しっかり成績を取るためには、ある程度、長時間勉強することが必要。
姿勢が悪く、文字と目の距離が近いと、体と目が疲れてしまいます。

それを、脳は「つらい」と判断するでしょう。
つらいことはやりたない→勉強時間が短くなる→成績取れない・・・という悪循環に陥りやすくなってしまいます。

逆に姿勢良く勉強してると、体に負担がかかりません。
ですから、脳の働きを全て勉強に集中させることができます。

和気あいあいと。

今日のつつじが丘校のステップは英語でした。

一番多くの子が集まってくれる水曜日はいつも和気あいあいとしています。

​「昨日のマラソン何位やった~?」
​「今日○○やってん~!」
と、学年性別問わず非常にみんなが仲良しです♪

ですが、いざ集中すると、熱心にテキストに取り組んでくれています。

​特に小6のKちゃんは、自分の出来ない部分に真摯に向き合って、
黙々と80分に取り組んでくれます。

小6のお姉さんがしっかりとしてくれている分、
​下の学年の子たちもその子を見て頑張ってくれています。

​来週もこの調子で頑張っていこうね^^!
 

少しずつクリスマス仕様に♪

今年も残すところ1か月となり、着々と年越しに近づいています。

ですが、年越し前には子どもたちお楽しみのあのイベントが!

そう、クリスマスです!!

そこで、つつじが丘の校舎では少しずつクリスマスの飾りつけが始まっています♪

今日はその様子をちょっとだけ紹介します。


​まずは校舎入り口にあるツリーの紹介です♪
例年大きなツリーを出して飾りつけをしていましたが、
​今年から大きなソファーを置いているため、今年は小さなツリーです。
ですが、存在感はバッチリですね!!

日常のなかの非日常~カスティール・ゴールドの小鳥たち~




金色の ちひさき鳥の かたちして 銀杏散るなり 夕日の岡に   与謝野晶子


小春日和の昼下がり
校舎へ向けて車を走らせていると
以前から気になっていたイチョウの木が脳裏をよぎり

金色の銀杏が一斉に大地にかえる前に
記憶に残しておこうと
10分ほど寄り道する

カスティール・ゴールドの小鳥たちが散りゆく光景は

師走とともに駆け抜ける `♥、。・:*:・゜`♥*




先週、名張地域の中学校で期末テストが実施され、
昨日、最終回の駸々堂中学進学学力テストが実施されました。
受験生、受験予備軍のみなさん、おつかれさまでした。
 
これから受験生たちは山頂ゴールに向かって、最後のヒルクライム
(登坂競技のこと ※ここでは受験勉強の喩え)に入ります。
ヒルクライムたるもの、
限界域を視野に入れなければ、あるいは、しんどくなければ、
ヒルクライムではありません。
しんどいがゆえに、ゴールしたときの達成感もまた大きいのでは。
 
さて、あと数日も経てば12月に突入します。
プランク時間を意識して
師走とともに受験勉強を駆け抜けましょう `♥、。・:*:・゜`♥*


 

ページ

Subscribe to RSS - 日々の雑感