さぁ、今年もいよいよ勉強合宿が始まります!

午前8時半を過ぎると、生徒たちがホテルに集まり始めました。
冬季合宿の参加者は夏季の合宿に参加した生徒がほとんどです。数ヶ月ぶりに揃った生徒たちは夏とは表情が少し違いました。夏から今日までの成長っぷりが、気合の入った表情に表れていました。

開会式までの時間は、ただ待つのではなく、持参した参考書、暗記ノートなどに取り組んでいます。
この3日間で自分が成さなければならないことをみんなきちんと自覚していました。

夏はTシャツ、冬はブルゾンに応援メッセージを書いてもらっています。
達筆だったりイラスト入りだったり、様々!
みんな、先生・友達・保護者・兄弟などから、寄せ書きのようにしてたくさんの激励の言葉を背負っています。

 

 


午前9時半。
ピン、と張り詰めた空気が会場を包み込む中、昇英塾冬季勉強合宿の開会式が始まりました。

これから3日間、何か分からないことがあれば、すぐに先生に聞くことが出来る環境です。
『時間を味方に』できるよう、このチャンスを活かしてほしいと思います。

そして、合宿の時は必ずするお話なのですが、この勉強合宿に参加させてくれた保護者への感謝の気持ちを忘れずにいてほしいと思います。

保護者への感謝の気持ち、自分の目標とする夢を思い浮かべながら、胸にあてた拳を掛け声とともに前に突き出し、昇英塾冬季勉強合宿がついに始まりました!

 

 



 

 


 

 


今回のサバテスでは、名前の記入忘れがとても多かったように思います。
たとえ全問正解でも、名前がなければ当然0点です。
本番では、サバテス以上に緊張してしまう子がほとんどだと思います。本番で名前の記入忘れなんてことがないように、日ごろからきちっと心がけていかなければなりません。

約15分ほどで、すべてのプリント合格者が出ました。
合宿名物のサバテスを合格することがこの合宿の目的ではありません。合格した子たちは次々と自主勉強を始めます。今日の復習、明日の予習、入試に向けての勉強に取り組んでいました。

 

 


 

 

 


1日目に拳と共に掲げた目標は達成できたでしょうか。
できた子もいれば、そうでない子もいると思います。
ですが、36時間という膨大な勉強時間は、この閉会式にいる全員が達成できたことです。そのことをまず自信にして、これからに繋げていってほしいと思います。

 

Copyright (C) 2012 Syoei-juku All Rights Reserved.