毎年恒例の、冬季勉強合宿が名張駅前にある名張シティホテルで行われました。

朝9時を過ぎると、開会式に向けて続々と生徒たちが集まってきました。
メッセージであふれたブルゾンやハチマキから、この3日間の目標や意気込みを感じました。
開会式が始まるまでの時間も、合宿のスケジュールを確認したり、持ち込んだ参考書で自主学習を始めていました。


 

 

この36時間という勉強時間を自分のものにして頑張りぬいて欲しいという堀井先生からの激励のあと、シュプレヒコールで2015年の冬季勉強合宿が始まりました!

 

 

 


いよいよ授業が始まりました。
中学3年生は3クラスに分かれて進路や学力にあわせて授業が進みます。
年明けに中学受験を控えた小学6年生は、板書だけでなく先生の説明も丁寧にノートに書いて取り組んでいました。
受験生以外の生徒もみんな自分が掲げた目標に向かって一生懸命テキストに取り組んでいました。

この合宿では、目の前には見守ってくれる先生、隣には自分と同じように頑張っている友だちがいます。
家で一人で勉強している時には味わえない学習環境が、生徒たちを育てていきます。

 

 

 

 

 

 

この合宿での様子を、先生がリアルタイムでお伝えしていました。
今回の合宿はもちろん、これまでの合宿のブログもありますので、ぜひご覧ください。

昇英塾勉強合宿ブログ

 

 

 

授業中は真剣な表情だった生徒たちも、休憩時間や食事中は無邪気な笑顔でリラックスして過ごしていました。

 

 

 

授業が終わり、昇英名物『単元修了テスト(通称サバイバルテスト)』が始まりました。
このテストは、事前に配布しておいた理科と社会それぞれ8枚(各10問)の暗記テストで、全て正解するまで合格となりません。この合宿中で一番緊張感のある時間です。

昇英塾の合宿は、一斉授業とテストだけではありません。
早朝計算テスト、居残り特訓、質問会などで生徒一人ひとりをサポートしていきます。
授業の復習や持ち込んだ問題集、自分の苦手分野の特訓など、時間の使い方は様々です。

 

 

2泊3日の勉強合宿を終えた閉会式では、開会式とはまったく違う表情でしっかりと立っていました。
学力だけでなく、集中力や自信もつけてもらえたと思います。
この3日間の合宿で手にした自信で、これからも幾多のハードルを乗り越えてください。

 

Copyright (C) 2012 Syoei-juku All Rights Reserved.